【例文あり】面接で他社の選考状況をうまく伝えるための3つのポイント

他者の選考状状況を聞かれた場合、どのように答えるべきなのでしょうか。
3つのポイントに分けて説明していきます。
これを読んでうまく面接で就活の軸や熱意を表現しましょう。

目次

  • 他社の選考状況をうまく伝えるための3つのポイント
  • 他社の選考状況を聞く3つの理由
  • 他社の選考状況の回答例
  • 合わせて聞かれる質問例
  • まとめ

面接をこなしていると「他社の選考状況を教えてください」「他にどんな企業を受けていますか」と質問を受けることがあります。

そんなとき、

「他社の選考状況をどう答えたらいいのかわからない」

「正直に伝えるのは気が引ける」

このように困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

複数の企業を受ける就職活動において、他社の選考状況の伝え方は難しい問題ですよね。

そこでこの記事では、面接で他社の選考状況をうまく伝えるためのポイントを解説します。

合わせて、回答例やセットで聞かれる質問例なども紹介しています。

質問の意図を汲み取った回答で、面接を成功に導きましょう。

他社の選考状況をうまく伝えるための3つのポイント

他社の選考状況をうまく伝えるためのポイントは次の3つです。

 1.回答する企業に一貫性をもたせる

 2.選考中の企業のみ伝える

 3.第一志望であることを強調する

1つずつ詳しく解説します。

1.回答する企業に一貫性をもたせる

他社の選考状況や志望している企業を聞かれた際は、回答する企業に一貫性をもたせるようにしましょう。

志望している企業に一貫性がないと、採用側に本気度がアピールできません。

例えば、「自動運転技術の発展に貢献したい」と伝えている場合、志望している企業は自動車業界が中心になるはずです。

にもかかわらず、化学メーカーや銀行などを回答してしまうと「この人は本当に自動車業界が第一志望なんだろうか」といった印象を面接官に与えてしまいます。

そのため、他社の選考状況を聞かれた際は、回答する企業に一貫性をもたせるようにしましょう。

もし、他の業界で志望している企業があったとしても、あえて答える必要はありません。

2.選考中の企業のみ伝える

他社の選考状況を聞かれた際は、選考中の企業のみを伝えるようにしてください。

落ちた企業についてはわざわざ回答する必要はありません。

他社の選考状況の質問には、「他社からの評価を確認する」という意図も含まれています。

不採用になった企業を伝えることで、面接官がマイナスイメージを抱くことがあるため、選考中の企業のみ伝えるようにしましょう。

受けている企業のなかで、一貫性が示せるものだけ回答するようにしてくださいね。

3.第一志望であることを強調する

面接官が採用で特に気にしていることは、自社の志望度です。

そのため、他社の選考状況を伝える際は、第一志望/第一志望群であることをアピールするようにしましょう。

「他社と比べて、どこに魅力を感じて志望しているのか」を伝えられると、回答により説得力が増します。

その際、給与や福利厚生などの待遇面を引き合いに出すのは印象がよくないのでおすすめしません。

企業理念やビジョン、製品やサービスの特色などのその企業ならではのポイントを伝えるようにしましょう。

例えば、

「〇〇業界の中で、貴社は幅広い事業領域を持ち、高い海外売上比率を見せています。

そのため貴社でなら、より幅広い産業と世界中の人々の生活に貢献できると考え、第一希望に考えております。」

自分が感じた魅力まで伝えられれば、本気度がよく伝わり、「採用したい」と思わせることができますよ。

他社の選考状況を聞く3つの理由

面接官が他社の選考状況を聞く理由は3つあります。

 1.自社の志望度を測るため

 2.就活の軸がしっかりしているか確認するため

 3.他社の評価を把握するため

それぞれ詳しく解説します。

1.自社の志望度を測るため

他社の選考状況を聞く理由の1つ目は、「自社の志望度を測るため」です。

就職活動において、企業への熱意は非常に重視されています。

(参考:就職活動・採用活動に関する振り返り調査データ集-就職みらい研究所)

リクルートが運営する就職みらい研究所のデータでも、企業が採用で重視する項目の2位に企業への熱意が挙げられています。

他社の選考状況を聞かれた際には、合わせて「御社の○○な点に魅力を感じており、第一に志望しております」と一言付け加えられるとアピールにつながりますよ。

あくまで質問は他社の選考状況ですので、一言で簡潔に伝えるよう注意してください。

2.就活の軸がしっかりしているか確認するため

他社の選考状況を聞く理由の2つ目は、「就活の軸がはっきりしているか確認するため」です。

就活の軸を持っているか見極めることで、「自社で活躍してくれそうか」を判断しています。

明確な軸を持って就活をしている学生は、将来のビジョンが想像しやすく、熱意も感じられます。

一方、就活の軸がはっきりしない学生は、「採用される企業ならどこでもいいのかな」といった印象を面接官は受けるでしょう。

そのため、他社の選考状況を聞かれたら、企業選びに一貫性があると伝わるように、業界や業種、サービスでまとめて伝えるようにしましょう。

例えば、

「化学メーカーをを中心に受けています。〇社は△次、✕社は◇次選考まで進んでいます。」

3.他社の評価を把握するため

他社の選考状況を聞く理由の3つ目は、「他社の評価を把握するため」です。

応募者が他社からどのような評価を受けているのか確認することで、能力を見極めています。

「他社から評価されている=それだけの能力や素養がある」と判断してもらえます。

そのため、選考が進んでいる企業や内定が出ている企業があれば、伝えると効果的です。

面接官も人間なので、自分の判断に迷う時があります。

他社の選考状況をうまく伝えて、面接を有利に進めていきましょう。

他社の選考状況の回答例

どう答えればいいのかわからないという方のために、以下に2つ回答例を示しました。

回答例を参考に、自身の回答を考えてみましょう。

回答例1.化学素材メーカー

産業の基盤を支える素材を通じて、豊かな社会を実現したいと考え、化学素材メーカーを中心に就職活動を進めております。

現在は3社で選考が進んでおり、A社からは内定をいただき、B社とC社は最終面接を控えている状況です。

化学素材メーカー中でも貴社は幅広い事業領域を持ち、高い海外売上比率を見せています。

そのため貴社でなら、より幅広い産業と世界中の人々の生活に貢献できると考え、第一希望に考えております。

IT業界

IT技術を活用して日本を活性化させたいという考えから、IT業界を中心に4社ほど選考を受けています。

3社は最終選考が終わり、残り1社は2次試験の選考待ちの段階です。

貴社は様々な業界や業種に対して高い技術力でサービスを提供し、企業や世の中の中枢となるシステムを多数構成しています。

また、マルチベンダーとして多数の先進IT企業と提携しているため、お客様の課題に対してより柔軟なソリューションを提案出来ると感じました。

そのため、貴社を第一志望に考えております。

合わせて聞かれる質問例

他社の選考状況の質問と合わせて聞かれる質問を以下にまとめました。

 ・選考を受けている企業の中で第一志望はどこの企業ですか

 ・いくつかの企業から内定が出た場合、どのような基準で選びますか?

 ・弊社が内定を出した場合、いつまでに回答して頂けますか?

 ・ここまで弊社の選考を受けてきて、どのような印象をお持ちですか?

 ・〇〇社は弊社の業務内容とあまり関連がないようですが?

 ・〇〇社の選考を受けてみてどのような印象を持っていますか?

急に聞かれて慌てることのないように、それぞれの質問の回答を1度考えてみましょう。

面接の場はあくまでも口約束の場です。

嘘をつくのは避けるべきですが、面接を受けている際は、その企業が第一志望であることをはっきりとアピールしましょう。

もし他の企業への入社を決意し、内定辞退をしたとしても、問題になることはありません。

内定辞退についてはコチラの記事を参考にしてくださいね。

まとめ

他社の選考状況に関する質問は、就活生の志望度や就活の軸を確認するために重要な役割を担っています。

そのため、他社の選考状況をうまく伝えることで、面接を有利に進めていきましょう。

以下のポイントに注意すると、他社の選考状況をうまく伝えることができます。

 1.回答する企業に一貫性をもたせる

 2.選考中の企業のみ伝える

 3.第一志望であることを強調する

面接官に就活の軸や熱意を示し、「採用したい」と思ってもらえるよう準備しましょう。

  • 監修
    株式会社テックオーシャン
    人工知能やビッグデータを駆使し、理工系人材領域における採用ベストマッチングを生み出すHR Tech企業です。 理工系学生専門のオファーがもらえる就活サービス「TECH OFFER」と、大型イベントから1on1面接まで、気軽に企業と出会えるカジュアル就活サービス「TECH MEET」を運営しています。