こんにちは。理系就活情報局です。

就活における準備や選考対策といえば、面接に目が向きがちになります。

面接が複数回ある点や面接で内定が決まる点を考慮すると、当然の対応といえるかもしれません。

一方で面接の前段階にあるSPIも決して手が抜ける選考ではありません。

SPIの段階で選考に落ちたという方も少なくないからです。

今回は就活におけるSPIの役割や対策方法を解説します。

SPIや適性検査に不安を感じている学生はぜひ参考にしてみてください。

▼あなたに合った企業の情報が届く▼
TECH OFFERで優良オファーを受け取る

SPIとは?

SPIとは?

能力検査と性格検査による適性検査

SPIとは、採用試験用の適性検査のことで、応募者の能力や人柄を評価するための試験です。

適性検査は、基礎的な能力を測る「能力検査」と、人柄を理解するための「性格検査」の2つから成り立っています。

応募者の多い企業では、面接前に適性試験が実施されることもあります。

SPIは就活における第一の関門と言えるため、確実に突破するためには早めに対策を始めることが重要です。

能力検査①:言語分野

言語分野とは文字どおり、言葉に関する能力が問われる検査になります。

具体的には、以下のように語句の使い方や文章の意味を問う問題が出題されます。

・空欄補助:選択肢の中から文中の空欄に当てはまる語句を選ぶ問題

・文の並び替え:選択肢の文章を並び替えて文章にする問題

・二語の関係:例題の二語と同じ関係にある語句を選ぶ問題

・語句の意味:例題の言葉と合致する意味の語句を選ぶ問題

・語句の用法:例題の語句と近い意味で使われている語句を選ぶ問題

能力検査②:非言語分野

非言語分野とは論理性や数学的能力を問う検査となります。

具体的には以下の問題が出題されます。

・推論:与えられた情報から、正しい割合や位置関係、順番などを選ぶ問題

・割合:与えられた情報から、割合や比率を選ぶ問題

・確率:与えられた情報から、物事の確率を導き出す問題

・速度算:速さ・距離・時間を導き出す問題

・損益算:利益・原価・定価など金額を導き出す問題

性格検査

性格検査とは文字どおり、問題を通じて選考対象者の性格や価値観、仕事への対応方法などをチェックする検査です。

性格検査に関しては特に対策をする必要がなく、ありのままの自分で臨むようにしましょう。

検査の目的を考慮すると、良く見られたいという思いから、自分の価値観とは違う回答をしてしまうケースもあるかもしれません。

自分の価値観とは違う回答をした結果、入社が決まる可能性はありますが、価値観の異なる会社で働くことは中々負担の大きい行為といえます。

内定が欲しいからといって、性格検査で価値観と異なる回答をおこなうと、入社後に苦労する可能性が高くなります。

性格検査は対策がいらない分、自分の気持ちに素直に回答しましょう。

SPIを受験する4つの方法

SPIを受験する4つの方法

受験方法①:テストセンター

SPIの受験方法その1は、テストセンターでの受験です。

テストセンターとは企業側が用意した会場であり、選考対象者は指定された時間に会場に行きテストを受けます。

テストセンターでの試験は、パソコンがおこわれるケースがほとんどです。

テストセンターを指定された場合はパソコンでの試験を想定しておきましょう。

受験方法②:Webテスト

SPIの受験方法その2は、Webテストです。

Webテストは指定された期限までにサイトにログインして、テストを受けるタイプの試験です。

Webテストでは会場や時間が指定されないため、自由なタイミングで受けられる点がメリットになります。

自宅での空き時間等に受けることもできるため、就活生には嬉しい受験方法といえるでしょう。

受験方法③:企業でのペーパーテスト

SPIの受験方法その3は、企業でのペーパーテストです。

SPIの試験はパソコンを使ったテストだけ形式だけでなく、従来の試験のようなペーパー方式もあります。

企業の中には企業説明会とセットで、SPIを実施する企業もあります。

ペーパーテストの良いところは私たちが受けてきた従来の試験と変わらないため、慣れている点です。

受験方法④:企業のパソコンでテスト

SPIの受験方法その4は、企業のパソコンでテストをする方式です。

インハウスCBTとも呼ばれる方法ですが、企業側が用意するパソコンの台数が多く必要になるため、実施している企業は多くありません。

SPIはいつから準備すれば大丈夫?

SPIはいつから準備すれば大丈夫?

目安は本選考やインターンの3ヶ月前

結論からいうと、SPIの準備は選考を受ける3ヶ月前を目安に始めることをおすすめします。

SPI対策の勉強には、通常30〜60時間程度の時間を要すると考えてください。

もし1日1時間ずつ勉強するならば、1〜2ヶ月の間に準備を終えられます。

また、1日2時間ずつ勉強する場合は、1ヶ月以内に対策の準備が整うと考えられます。

理系就活生は忙しいため、ゆとりを持って選考の3ヶ月前を目安に始めてみてください。

本選考が3月にスタートすると仮定した場合は、前年の12月から対策を始めるとよいでしょう。

12月から全体的に対策をはじめ、徐々に苦手分野に集中していくとより試験の突破が期待できる仕上がりとなります。

選考以外にも、インターンシップの参加にSPI選考を課している企業もあります。

SPIの結果をもって、インターンシップの参加有無を決定している企業もあるため、早めの対策が必要です。

夏季のインターンシップが7月後半におこなわれると仮定すると、4月には対策を始めるとよいでしょう。

なお3ヶ月はあくまで目安であり、SPIの出来次第で対策に割くべき期間は前後するため、個々で見極めが必要です。

これから対策を始める方は、まず問題を解いてみて自分の立ち位置を確認することをおすすめします。スタート時点で正答率が高い方は、対策時期を遅らせても問題はないでしょう。

▼あなたに合った企業の情報が届く▼
TECH OFFERで優良オファーを受け取る

SPI受験に向けて準備しておくべきこと

SPI受験に向けて準備しておくべきこと?

SPI受験では、語彙や文章の読解問題や計算問題を解きます。

大学に進んでからは遠ざかっていた分野の問題を解くことになりますので、テスト形式で改めて問われると焦ってしまう可能性があります。

いきなり本番を迎えてしまうと、解けていたはずの問題が解けず、行きたかった企業の選考に落ちてしまうかもしれません。必ず、事前に問題解決の感覚を取り戻しておきましょう、

また、性格検査は正直に答えましょう。

性格検査の準備は特に必要ありませんが、「この企業はこういう人材がほしいはずだ」と本心を偽ってしまうと、検査結果に自分では想定しえなかったブレが出てしまい、選考を突破できない場合があります。

企業に合わせて回答を装うと、面接時の印象がズレてしまったり、入社できたとしても相性が合わず苦労したりする可能性もあります。

将来後悔しないためにも、性格検査には率直に回答しましょう。

1つの問題集をくり返し解く

SPI対策では、1つの問題集をひたすら解きましょう。

SPIは、問題の解き方を身につければ点数を上げていけます。

まずは問題集をくり返し解き、問題に慣れて解き方を知ることから始めましょう。

自分が考えた過程と回答例を比べて、解き方や問題の考え方を理解できるまで、繰り返し問題に取り組んだ方が基本を理解できます。

苦手な問題の解き方を覚える

言語分野と非言語分野を満遍なく解いていくのが理想ですが、研究との両立を考慮するとなると時間がないという方もいると思います。

最初は通しで練習問題を解いていき、正答率の高い得意分野があれば、本番もできると想定して、苦手な問題に集中してください。

問題が解けなかった場合は、「解法が理解できていない」ということです。

同様の問題に詰まらなくなるまで、何度も反復して練習しましょう

つまずいた問題は必ずその場で回答を確認し、解き方を覚えるまで何度も練習します。

注意すべきなのは、単に問題の解答を覚えるだけでは不十分であることです。

問題が変わっても解けるように「解き方を理解する」ということを忘れずに、反復練習に取り組みましょう。

時間制限の中で解く練習をする

多くの人がSPIで直面する課題は、時間制限です。

時間をかければ解ける問題でも、時間を使い果たしてしまうと最後までたどり着けず悔しい結果になってしまいます。

問題集を繰り返し解き、ある程度理解を深めたら、制限時間を設けて問題に取り組んでみましょう。

目安としては、言語分野では1問あたり40秒、非言語分野では1問あたり80秒です。

時間を意識すると、普段なら解答できる問題にもつまづくことがあります。

本番と同じ時間配分で解答できるよう、日頃から練習しておきましょう。

一度読んで理解できない場合や10秒悩んでもわからない問題は飛ばすなど、自分なりのルールを設定するのも有効です。

特にパソコンで受験する場合は問題ごとに制限時間があるため、1つの問題を短い時間で解く能力が求められます。

WEBテストの受け方を予習する

本番のSPIは様々な方法で実施され、ペーパーテストもあれば、パソコン上での試験もあります。

普段パソコンに慣れていない方にとって、いきなり本番でパソコンを使いこなせといわれても難しいでしょう。

SPIの出来次第で選考の合否が決まるため、プレッシャーが高い状況では尚更です。

慣れておくことにこしたことはありませんので、1度WEBテストを受けて予習しておきましょう。

もう間に合わない?今からできるSPIの対策法

もう間に合わない?今からできるSPIの対策法

1日でも早く取り組むことが大事

「研究が忙しくて、ついSPI対策が後回しになってしまった……」

「本命企業のインターン情報が公開されたけど、SPI対策が間に合わない!」

そんな理系就活生の方は、1日でも早く対策を始めましょう

一夜漬けでSPIに臨むのはおすすめできません。

なぜなら、解き方を学ぶことが重要であり、慣れていないと時間内に得点を稼ぐことが難しいからです。

SPIは出題数が多いにもかかわらず、試験時間が非常に限られています。素早く理解する能力が必要なため、睡眠不足で集中力が低下している状態で臨むと本来の力を発揮できず、ミスを連発してしまう可能性が高まります。

SPI対策の理想的な勉強スケジュールは、まずは毎日1時間ずつ対策本を進めていき、SPI試験が近づいたら苦手な分野に重点的に取り組む方法です。

SPI試験前日に勉強する内容は苦手な分野に限定して、効率的に知識を身につけましょう

隙間時間はアプリで、問題集でじっくり解く

効果的な対策をするためには参考書を使うことが重要ですが、理系就活生の皆さんにとっては時間を確保するのが難しいこともあるでしょう。

SPI対策では隙間時間にアプリで、しっかり時間を取れるときに問題集を利用することをおすすめします。

通学時間や寝る前の時間など、ちょっとした隙間時間を利用してコツコツ学習すれば、安定した勉強時間を確保することができます。

参考書で計画的に対策を行うことも重要ですが、アプリを併用することでさらに力を伸ばしましょう!

おすすめのSPI対策本とアプリ

おすすめのSPI対策本とアプリ

おすすめのSPI対策本

・SPIノートの会「これが本当のSPI3だ! 」(講談社)

おすすめのSPI対策問題集第1冊目は、「これが本当のSPI3だ! 」です。

この問題集は、テストセンター・ペーパーテスト・WEBテストの主要3方式に対応しており、出題範囲表には「出る順」で出題される分野や傾向がわかりやすく書かれています。

本書は講義形式の解説がなされており、丁寧な言葉遣いで読みやすい内容です。

SPIに苦手意識のある理系就活生は、手に取ってみてください。

・オフィス海「史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 」(ナツメ社)

おすすめのSPI対策問題集の2冊目は、「史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集」です。

この問題集は、解答解説だけでなく、制限時間内に効率的に解くためのメモの取り方や計算方法などが丁寧に解説されています。

問題ページには目標時間が示されているので、制限時間を意識しながら実践的に問題を解くことが可能です。

さらに、テストセンター形式の模擬テストで、40分で自分の合格レベルを判定することができます。

・就職対策研究会「7日でできる!SPI必勝トレーニング」(高橋書店)

おすすめのSPI対策問題集の3冊目は、「7日でできる! SPI必勝トレーニング」です。

たった1週間でSPIを攻略できるように、単元ごとに攻略法がまとめられているため、対策期間を十分に取れない方は必見です。

1日30分だけ実践テストに取り組むことで効率的にSPI対策ができ、後半では21単元ごとに「解き方のポイント→例題→練習問題」という流れで解説が書かれています。

実践テストで間違えた分野は、後半の単元ページで復習・攻略することができます。

能力検査が得意な方や、ある程度基礎が身についている方なら、うまく活用して短期間で効率的に学べるでしょう。

おすすめのSPI対策アプリ

・SPI言語・非言語 就活問題集 -適性検査SPI3対応(iOSAndroid

「SPI言語・非言語 就活問題集」は、iOSで累計1,000,000ダウンロードを突破したSPI対策の無料アプリです。

このアプリは、言語・非言語・英語の問題を組み合わせた382問を無料で解けます。App Storeのアプリ評価も高めです。

さらに、得意・不得意を分析してくれる機能やカスタム復習・おまかせ復習のモードも備えています。

「SPI対策を始めたいけれど、何すればよいかわからない」方から「たくさんSPIの練習をしたい」方、効率重視の方まで自分に合った使い方ができます。

アプリ内課金が必要なアプリも多い中、完全無料で問題数も充実しているので、まずはダウンロードしてみましょう。

・SPI言語|しっかり解説の資格試験問題集(iOS

「SPI言語|しっかり解説の資格試験問題集」は、しっかり解き方を身につけたい方にオススメです。

問題は1〜3の「LEVEL」ごとに分かれており、復習ページでは問題を「テーマ別」に解くことができます。

LEVEL1までは無料で解くことができますが、より難易度の高い問題に挑戦したい場合は、アプリ内で追加購入が必要です。

制限時間を設定することもできるので、本番に近い環境で自分の能力を試したい方にも向いています。

適性の高い企業を目指すならスカウトサービス

適性の高い企業を目指すならスカウトサービス

SPIが実施される目的は、企業とのミスマッチを避けるためにおこなわれています。

採用のミスマッチは学生・企業の双方が不幸な結果となるため、お互い避けたい展開といえます。

今までは、企業との相性を測る方法はSPIや面接のように企業の選考を受けるしかありませんでした。

昨今では様々な方法で選考を受けずとも、企業と学生の相性を確認することができます。

代表的なのが、スカウトサービスです。

スカウトサービスとは学生が登録したプロフィールや経歴を基に、企業が学生をスカウトするサービスです。

昨今のスカウトサービスでは、過去のデータを基に学生と企業をマッチングする機能があるため、より客観的に相性の良い企業と出会えます。

スカウトサービスは世の中に数多くありますが、理系就活生におすすめのスカウトサービスは『TECH OFFER』です。

『TECH OFFER』は理系学生に特化したスカウトサービスで、理系学生を採用したい企業が活用しています。

『TECH OFFER』の会員登録は、たったの5分で完了します。

SPIや面接で相性の良い企業で出会う方法も1つの方法ですが、ぜひ理系学生に特化した『TECH OFFER』を利用してみてはいかがでしょうか。

▼あなたに合った企業の情報が届く▼
TECH OFFERで優良オファーを受け取る

まとめ

SPI対策は、早ければ早いに越したことはありません。

最初の選考で落ちてしまわないように、選考の3カ月前を目安に対策を始めてみてください。

3カ月を切っているという理系就活生の方は、アプリと問題集を併用して1日でも早く対策をスタートすることをおすすめします。

本命企業にあなたという人材を知ってもらうため、しっかり対策をして最初の関門を突破していきましょう!