「百聞は一見に如かず」という言葉のとおり、一次面接を受けた結果、自分と合わない企業と判明するケースがあるでしょう。

合わない企業の選考を受ける意味はないため、一次面接を通過したとしても、二次面接は辞退という選択肢を取ることになるはずです。

一方で選考の通過を目指して準備を重ねているため、面接の辞退については想定していないケースがほとんどでしょう。

辞退のタイミングや方法、どのように話を切り出せばよいか分からない方が多いはずです。

今回は二次面接を辞退する方法や辞退の際に気をつけたいポイントを解説します。

二次面接を辞退しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼あなたに合った企業の情報が届く▼
TECH OFFERで優良オファーを受け取る

二次面接の辞退は可能!辞退前に確認すべきこと

二次面接の辞退は可能!辞退前に確認すべきこと

本当に選考を辞退してもいいのか熟考することです。

二次面接を辞退する時は、本当に今の段階で断って後悔しないのかをしっかり考えてからにしましょう。

もし、「第一志望の最終選考に進んだからこちらは辞退する」という考えで辞退を検討しているならば、注意が必要です。

最終面接に進めたからといって、必ずしも内定が出るわけではありません。

就職活動は、エントリーを逃してしまうと途中から選考に参加することは難しいです。

同じように、一度辞退した選考を受け直すことも基本的にできません。

体調不良や家の事情など、やむを得ない場合は企業側も日程の相談をしてくれるので、できるだけ早く採用担当者に相談しましょう。

就職活動は、選考を進めていくにつれて選択肢が減ってきます。

将来後悔することがないよう、二次面接を辞退しようか迷った時は、「もうこの会社には入れないことになるが、それでも後悔しないのか?」としっかり考えてみてください。

二次面接を辞退したい時の方法

二次面接を辞退したい時の方法

二次面接を辞退する際の方法はメールと電話の2つになります。

本章では2つの方法をどのように使い分けるかを解説します。

二次面接を辞退する方法①:メールで連絡を入れる

二次面接を辞退したいときは、基本的にメールで連絡すると良いでしょう。

「直接話さなければ申し訳ない」と思うかもしれませんが、メールでの連絡は企業側にとってもメリットがあります。

電話で連絡しようと思っても、担当者が不在の場合は何度も掛け直したり、企業側から折り返し連絡をもらった時に自分が電話に出られなかったりと、行き違いが発生してしまう可能性があります。

企業としても、今後選考に参加しない学生には手短に対応したいため、二次面接の辞退はメールですると覚えておきましょう。

二次面接を辞退する方法②:電話で断りを入れる

二次面接を辞退する時に電話で断りを入れるのは、①選考直前に辞退の連絡を入れる時 ②辞退を連絡したメールに返信がない時です。

面接の前日や当日に二次面接を辞退すると決めた場合、メールを送る時間によっては、採用担当者が確認できない可能性があります。

そうなると、企業からは「二次面接を無断で欠席した」と判断されてしまいかねません。

また、メールを送っていても返信がない場合も、注意が必要です。

何らかの理由でメールを見落としているか、迷惑フォルダに入っていて読んでいなかったという可能性が考えられます。

日数に余裕があればもう一度メールを送り、それでも返事がなければ電話をしてみると良いでしょう。

二次面接を辞退する時に使えるメールの例文4選

二次面接を辞退する時に使えるメールの例文4選

二次面接を辞退したい時に使えるパターン別のテンプレを4つ紹介します。

礼儀を守りながらスマートに辞退を伝えるために、ぜひ活用してみてください!

他社で内定をもらい二次面接を辞退したい時

◎◎◎◎株式会社人事部人事課

◎◎◎◎◎様

お世話になっております。

先日、◎月◎日の二次面接のご連絡をいただきました、◎◎◎◎大学の(名前)と申します。

先日他社から内定をいただき、そちらの会社に入社することを決心いたしました。そのため、貴社の選考を辞退させていただきたく思います。

お忙しい中選考の機会を与えてくださったにもかかわらず、辞退することになり、大変申し訳ございません。

本来であれば直接お伝えすべきところですが、メールでのご連絡となり、重ねてお詫び申し上げます。

最後になりましたが、貴社の選考に参加させていただき、ありがとうございました。

貴社の今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

===========

(名前)

◎◎◎◎大学◎◎学部

090-XXXX-XXXX

Syusyoku@mail.com

===========

ミスマッチを感じて辞退したい時

◎◎◎◎株式会社人事部人事課

◎◎◎◎◎様

お世話になっております。

先日、◎月◎日の二次面接のご連絡をいただきました、◎◎◎◎大学の(名前)と申します。

面接日程のご調整をいただきましたが、選考を通じて企業理解を深めていくうちに、私の求める環境との相違について考えるに至りました。改めて検討した結果、貴社の選考を辞退させていただきたいという結論に至りました。

お忙しい中選考の機会を与えてくださったにもかかわらず、辞退することになり、大変申し訳ございません。

本来であれば直接お伝えすべきところですが、メールでのご連絡となり、重ねてお詫び申し上げます。

最後になりましたが、貴社の今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

===========

(名前)

◎◎◎◎大学◎◎学部

090-XXXX-XXXX

Syusyoku@mail.com

===========

一身上の都合で辞退したい時

◎◎◎◎株式会社人事部人事課

◎◎◎◎◎様

お世話になっております。

先日、◎月◎日の二次面接のご連絡をいただきました、◎◎◎◎大学の(名前)と申します。

面接日程のご調整をいただきましたが、一身上の都合により、貴社の選考を辞退させていただきたく存じます。

お忙しい中選考の機会を与えてくださったにもかかわらず、辞退することになり、大変申し訳ございません。

本来であれば直接お伝えすべきところですが、メールでのご連絡となり、重ねてお詫び申し上げます。

最後になりましたが、貴社の今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

===========

(名前)

◎◎◎◎大学◎◎学部

090-XXXX-XXXX

Syusyoku@mail.com

===========

電話で二次面接を辞退する時

お世話になっております。

◎月◎日に御社の二次面接を受けさせていただく、◎◎◎◎大学の(名前)と申します。

選考についてお伝えしたいことがあり、ご連絡いたしました。人事部の◎◎様はご在社でしょうか?

(担当者に電話を繋いでもらう)

お忙しいところ恐れ入ります。◎月◎日に御社の二次面接を受けさせていただく、◎◎◎◎大学の(名前)と申します。今、少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか?

この度は二次面接のご連絡をいただき、ありがとうございます。大変申し訳ございませんが、[一身上の都合により/他社から内定をいただいたため]、今回の面接を辞退させていただきたくご連絡いたしました。せっかく選考の機会をいただいたにもかかわらず、申し訳ございません。

(担当者が辞退を受け付けたと返答)

お忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました。

それでは、失礼いたします。

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント

二次面接を辞退する場合、単にメールや電話で連絡を入れればよいわけではありません。

押さえるべきポイントをしっかりと押さえないと、思わぬトラブルにつながる可能性もあります。

本章では二次面接を辞退する時に気をつけたいポイントを解説します。

できるだけ早い段階で連絡する

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント1つ目は、できるだけ早い段階で連絡することです。

辞退をすることで気まずく感じ、連絡をしたくない気持ちになるかもしれません。

ですが、大事なのは企業が採用活動のためにスケジュールを組み、準備をしているということです。

気まずいからと言って前日や当日まで引き伸ばしてしまうと、却って悪印象や迷惑になってしまいます。

気持ちよく辞退をするためにも、決断したらできるだけ早いタイミングで連絡を入れましょう。

連絡を取る時間の目安は企業の営業時間内

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント2つ目は、連絡を取る時間の目安は企業の営業時間内ということです。

辞退の連絡に返信がないと「きちんとメールが届いただろうか?」と不安になってしまいます。

メールの送信時間に明確なマナーがあるわけではありませんが、企業の営業時間内にメールを見てもらえれば、早ければ当日中にメールを見てもらえる可能性が高まります。

どうしても都合が合わない場合は、営業時間外に送信しても構いません。

不安な場合は、メールの予約送信機能を使うと良いでしょう。

最低限の礼儀として無断で辞退はしない

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント3つ目は、最低限の礼儀として無断で辞退はしないことです。

面接を無断で辞退することはできません。

無断で二次面接に行かなかった場合、企業は就活生が辞退したとは思いません。

「断りなく約束をすっぽかした就活生」と見做されてしまいます。

これから社会人として働いていく以上、最低限の礼儀は保ちましょう。

「もう2度と会わないから大丈夫」などと過信せず、社会人としての誠意を示すよう心がけてください。

二次面接を辞退する理由は正直に答える

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント4つ目は、二次面接を辞退する理由は正直に答えることです。

二次面接を辞退するという決断の裏には当然ながら、何らかの理由があります。

他社からの内定や自分に合わないと感じたなど様々な理由がありますが、中には企業側へ伝えづらい理由もあるはずです。

理由を濁して伝えたくなりますが、基本的には辞退の決断に至った理由をそのまま伝えましょう。

ありのままの理由を伝えた方が企業側も納得するためです。

また短い間とはいえ、企業は縁のあった間柄になるので誠意を込める意味でも、辞退の理由は正直に伝えることをおすすめします。

二次面接を辞退するか迷うときは周囲に相談する

二次面接を辞退する時に気をつけたいポイント5つ目は、二次面接を辞退するか迷うときは周囲に相談することです。

二次面接を辞退する決断をきっぱりとできるケースもあれば、中には迷いが生じているケースもあるはずです。

自分でしっかりと考えて決断することは大切ですが、周囲に相談するという選択肢を忘れないでおきましょう。

周囲に相談するメリットは、客観的にアドバイスしてもらえる点です。

自分で考えていると視野や考え方が限定的となり、冷静な判断ができないケースも少なくありません。

周囲に相談する過程で状況の振り返りもできるので、決断に迷う場合には周囲に相談のもよいでしょう。

面接で相性を確認する前にスカウトサービスを利用しよう

面接で相性を確認する前にスカウトサービスを利用しよう

自分に合う会社と判断して、面接を受けた結果、思っていた会社と違ったというケースは少なくないでしょう。

自分に合わない会社と分かった点は収穫ですが、面接準備には相応の時間がかかるため、なるべくなら面接前に分かっておきたい部分です。

相性の良い企業だけ受けたいのであれば、スカウトサービスがおすすめです。

スカウトサービスは文字どおり、求める人材に合致する学生を企業がスカウトするサービスになります。

またスカウトサービスでは膨大なデータから、相性の良い企業と学生をマッチングする機能があります。

企業の主観的な判断だけでなく、統計的な観点からも企業と学生を結び付けるのがスカウトサービスです。

昨今は様々なスカウトサービスがある中で、おすすめなのが『TECH OFFER』です。

『TECH OFFER』は理系学生に特化したサービスであり、利用する企業は理系学生を求める企業になります。

理系学生に特化している『TECH OFFER』はたったの5分で会員登録ができます。

ぜひ会員登録をして、相性の良い企業からスカウトを受けてみませんか。

▼あなたに合った企業の情報が届く▼
TECH OFFERで優良オファーを受け取る

まとめ

就職活動も終盤にさしかかると、内定が増えてきたり本当に求める職場環境ではなかったりなどの理由で、選考を辞退したいケースもあると思います。

企業の採用担当者も、すべての就活生が二次面接に参加するとは考えていません。数多くの就活生の中には、辞退を申し出る人もいると理解しています。

社会人としてのマナーと押さえておきたいポイントさえしっかり押さえれば、二次面接の辞退はスムーズに行えます。

自分の将来を見据えて、最適な選択をしましょう!