【理系学生向け】ガクチカの書き方・探し方講座

忙しい理系学生も身の回りからガクチカのテーマを見つけて、自身の成長過程や人間性をPRしましょう!
そこで見られるのは結果より、過程ですので、研究は素晴らしいテーマになるかもしれませんね!

目次

  • 採用担当者がガクチカから知りたい3つのポイント
  • 理系のガクチカテーマの探し方
  • エントリーシートや面接でガクチカを語るコツ
  • これだけは知っておきたいポイント

ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)の書き方で悩んでいませんか。

ガクチカは、面接やエントリーシートで必ず聞かれる、就職活動における鉄板の質問です。

・研究が忙しすぎて、サークル活動やインターンなんてしている暇がなかった

・大学と家の往復だけの生活で、ガクチカが見つからない

多くの理系学生が抱えるガクチカの悩みを解消するため、書き方や探し方について徹底解説します。

採用担当者がガクチカから知りたい3つのポイント

企業はなぜ、皆さんのガクチカに興味を持つのでしょうか。採用担当者がガクチカを聞く意図は大きく分けて3つです。まずはそれぞれのポイントについて理解しましょう。

ガクチカによって得た経験値

採用担当者はガクチカを聞くことで、「経験から何を学んだか」「どのような成長が得られたか」を評価しています。学びや気づきを次の仕事に活かすのは、社会人に求められる基礎的な能力の一つです。

・学びに対する積極的な姿勢をもっているか

・入社後も成長し続けられる人材か

・学びを実践に活かせる素養はあるか

ガクチカは、候補者の社会人としての将来性を図る指標といえます。

企業や募集職種とのマッチング度

採用担当者が気にするポイントとして「内定者の定着率」が挙げられます。せっかく優秀な理系学生を採用できても、すぐに辞められては大きな損失です。

・候補者の能力は、企業が求めるレベルと合致しているか(ロースペック・ハイスペック過ぎないか)

・考え方や行動指針が社風と合っているか

・配属予定部署のメンバーとの相性はどうか

長く働いて成果を出せる学生を採用するために、採用担当者はガクチカから候補者と企業とのマッチング度を図っているのです。

人間性や性格などの内面的性質

学歴や成績からは判断できない、候補者本人の人間性を理解する上でもガクチカは重要な判断基準です。

・行動派 or 慎重派

・リーダータイプ or 専門家タイプ

・マルチタスク型 or 一点集中型

・モチベーションの源泉は何か

・コミュニケーション能力は備わっているか

内面的性質に優劣はありません。求められる資質は企業や職種によって異なります。候補者の内面を知る目的でガクチカが問われます。

理系のガクチカテーマの探し方

[1] 

研究と就活の両立で忙しい理系学生の皆さん向けに、ガクチカの探し方とテーマの決め方について解説します。

理系のガクチカは研究でもOK

ガクチカの一般的なテーマとして、サークル活動や留学経験などを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

研究中心の生活になりがちな理系学生は、研究中のエピソードや研究室の出来事をガクチカとして構いません。むしろ、研究をテーマとしたガクチカは理系の就職活動において大きな武器になります。研究をガクチカにすることで、以下のようなメリットが考えられます。

・志望職種の業務と関連づけやすい

・目的と結果が明確であり、ガクチカとして説明しやすい

・長期間目標に取り組んだ姿勢をアピールしやすい

・取り組んだ期間や実験結果など、ガクチカの成果を具体的に示しやすい

学生の本分は勉強です。理系学生の皆さんは、自信を持って研究をガクチカとしてPRしましょう。

結果よりもプロセスが重要

研究をガクチカとして語る上で注意しなければならないのは、結果や実績よりもプロセスに重点をおくべき点です。ガクチカでPRするべきは、研究結果ではなくあなた自身の能力や人間性です。

・ガクチカにどのような姿勢で取り組んだか

・ガクチカによってどのような経験を得たか

・ガクチカの経験を社会人としてどう生かすか

ガクチカのエピソードに上記のポイントが盛り込めていれば、たとえ研究の結果が芳しくなかったとしても問題ありません。自分が研究を通して何をPRしたいのかを明確にしておきましょう。

研究に関連するエピソードを振り返る

自身の研究テーマ以外にも、ガクチカとしてPRできる研究関連のテーマがあります。研究室での生活経験や人間関係です。

教授や同期生、先輩後輩、共同研究先の外部機関など、一つの研究室には多くの人が関わっています。研究室関係者との係わりを通じて、成長を感じた出来事はないか探してみましょう。

・教授や先輩からの助力を得て、研究上の課題をクリアした

・研究室メンバーの勧誘のためホームページの更新を行った

・ゼミの司会進行とスケジュール管理を任された

・後輩に研究の基礎や論文引用について指導した

研究室生活の中で、率先して取り組んだことがあればガクチカにまとめてみましょう。

研究以外の+αもできれば探しておく

メインとなるガクチカは研究で構いませんが、「研究や学業以外に頑張ったことはありますか」と質問される場合があります。サークル活動やインターンなどガクチカとして語れそうな経験がない場合、アルバイト経験からテーマを探してみましょう。

ガクチカのテーマとしては地味に思えますが、疑似的な職場体験ともいえるアルバイトの経験は、うまくPRできれば高評価に繋がります。

・英語が得意なので、外国人のお客様向けに簡単な対応マニュアルを作った

・手書きだったシフト表をデータ管理できるように改善した

・顧客のクレームに対して冷静かつ真摯に対応した

自らが率先して行動した経験は、評価されやすいので覚えておきましょう。

アルバイト経験がない場合は、日常生活がテーマでも問題ありません。

・ブログやTwitterなどで情報を発信した

・自炊、筋トレ、語学学習などを継続した

・無料のWebセミナーに参加して知識を身につけた

上記のように、時間やお金のコストをかけなくてもガクチカとしてPRできる日常の経験は多く存在します。就活開始までにまだ時間がある人は、思い切って何かを始めることも検討してみましょう。

エントリーシートや面接でガクチカを語るコツ

せっかく見つかったガクチカのテーマも、採用担当者に響かなければ意味がありません。ガクチカで高評価を得るためのコツや注意点について紹介します。

「ガクチカ」を単語として使わない

ガクチカは就活用語として定着していますが、書類上や面接においては使用するべきではありません。採用の決定権を持つ会社役員や人事の責任者には、造語・略語を嫌がる世代が多いことを理解しましょう。

社会人として、誰もが理解できる言葉選びは知っておくべきマナーです。「学生時代に力を入れたことは~」「学生時代に頑張ったことは~」などの言い回しを心掛けましょう。

募集職種ごとにPRするポイントを変更する

ガクチカを語る場面では、エピソードから何をPRしたいかを意識する必要があります。募集職種ごとに評価されるポイントは異なるため、PRしたガクチカの内容をどう関連付けるかが重要です。

・研究開発職志望として、論理的思考能力をPRする

・品質管理職志望として、仮説・検証能力の高さと経験をPRする

・技術営業職志望として、プレゼン能力や折衝力をPRする

採用担当者から評価されるポイントとして、「ガクチカの経験を志望職種にどう生かせるか」、つまり就職した後の未来の情報について逆算して必ず盛り込むようにしましょう。

ちなみに同じガクチカのエピソードから、複数のPRポイントを見出しても構いません。経験値や成長性を伝えるのか、チームワークやリーダーシップなどを主軸にするか、選考の場面によってうまく使い分けましょう。

採用担当者を文系出身と想定する

研究・開発職やエンジニア職の採用担当者が理系出身とは限りません。企業規模によっては、人事担当者が全員文系出身者のケースも珍しくありません。

研究をガクチカのテーマにする場合、専門用語は使わず研究の細かい内容は省略して、誰にでも分かる内容に翻訳しておく必要があります。

文系出身者向けの説明内容のレベルとして、「両親や親戚など、研究を知らない大人が聞いて理解できるか」が目安です。

重要なのは、研究の内容を理解してもらうことではありません。研究から得た経験でどう成長したか、社会人としてどう生かせるのかを伝えましょう。

エピソードには課題・対策・結果を必ず盛り込む

ガクチカを考えるうえで、重要な3つの要素が「課題・対策・結果」です。入社後に取り組む仕事の多くは、課題を見つけ、対策を実行し、結果を検証する作業の繰り返しだからです。

3つの要素すべてを盛り込んだガクチカを考える際、困難や失敗を乗り越えたエピソードが有効です。参考として、研究をガクチカにした場合の例文をご紹介します。

・課題:

卒業研究において、従来の実験方法では自身の仮説を裏付ける実験結果が得られず、2か月以上研究が進まない時期がありました。

・対策1:

関連する研究論文を20本以上参考にしましたが効果的な解決策は見つからず、一時は研究テーマを根本から見直すことを検討した程です。

・対策2:

日本語、英語の論文が参考にならなかったため、ロシア語の論文を検索しました。翻訳ソフトを使いながらの解読に苦労しましたが、関連する記述を見つけることができました。実験手順の詳細が分からず発行元に問い合わせたところ、著者ご本人から英語で回答をいただけたのは大変な幸運だったと思います。

・結果:
ロシア人研究者の方のアドバイスを試した結果、自身の仮説と相関する実験結果を得ることができました。教授のアドバイスによってさらに改良を重ね、最終的には当該分野における新たなアプローチとして実験方法を確立し、学会で発表することができました。

上記の例では、課題となる「研究が進まない状況」を2つの対策によって解消し、「実験方法を確立する」結果を得ています。対策1の挫折を乗り越えて、諦めず対策2に取り組んだ姿勢が評価のポイントです。

これだけは知っておきたいポイント

忙しい理系学生の皆さんに向けて、ガクチカの書き方・探し方を解説しました。今回の要点は以下の3つです。

理系学生は研究をガクチカのテーマにしてOK

ガクチカは結果に至る過程での成長経験や人間性のPRを目的にしよう

ガクチカのエピソードには課題・対策・結果を盛り込み、具体的かつ論理的に

この記事が皆さんの就活のお役に立てば幸いです。

  • 監修
    株式会社テックオーシャン
    人工知能やビッグデータを駆使し、理工系人材領域における採用ベストマッチングを生み出すHR Tech企業です。 理工系学生専門のオファーがもらえる就活サービス「TECH OFFER」と、大型イベントから1on1面接まで、気軽に企業と出会えるカジュアル就活サービス「TECH MEET」を運営しています。