就活の面接ではさまざまな質問がよくされますが、その中でも定番の質問が「あなたの就活の軸を教えてください」というものです。

こうした質問は事前に回答を用意するなどの対策をしていれば答えやすいですが、なかなか本音をいうのも難しく、人によっては答えにくい場合もあるかと思います。

実際に就活の面接で、就活の軸に関する質問をされてなかなかうまく回答できない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、面接で就活の軸を聞かれた際の答え方について解説します。

就活の軸に関する質問の答え方を詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「就活の軸」とは?

そもそも就活の軸とは、簡単にいうと「学生が企業を選ぶ際の判断基準」のことです。

就活の軸を決めておくことで、面接で質問された時に答えやすいということもありますが、それ以上に応募する企業を絞りやすいというメリットがあります。

例えば、以下の就活の軸を定めたとしましょう。

・自分の専攻を活かせる企業
・一緒に働きたい社員がいる企業
・若手のうちからチャレンジできる企業

上記のように複数就活の軸を定めておくことで、企業を選ぶ方向性を定めやすく、応募する企業を絞り込み就活を効率的に行えます。

このように、就活の軸を決めておくことで、企業の絞り込みが行いやすい上、自分にマッチした企業も選べる確率が高いので、就活の軸は決めておいた方が良いでしょう。

企業が「就活の軸」を聞く意図とは?

ここでは、企業が就活の軸を聞く意図について解説します。

具体的には以下2つの目的があり、就活の軸を学生に聞いています。

・入社後のミスマッチを防ぐため
・長期的に活躍できるか判断するため

入社後のミスマッチを防ぐため

1つ目の目的は、入社後のミスマッチを防ぐためです。

どんなに能力やスキルが優れている人材を採用できたとしても、自社の価値観に合わないなどミスマッチが起きてしまうと、長く働いてもらうことは難しいでしょう。
そのため、企業の方向性や価値観が学生のそれと合致している必要があります。

このような事情から、企業選びの基準である就活の軸を学生に質問することで、学生が企業の価値観と合うかどうかを見極めているのです。

長期的に活躍できるか判断するため

2点目は、入社後に長期的に活躍できるか判断するためです。

企業側は採用にもコストをかけて活動しているため、採用した学生には長期的に活躍をしてほしいと思っています。
そのため、企業は就活の軸を聞くことで、なぜ自社に応募したのかを把握し、長期的に活躍できるポテンシャルがあるかを見極めています。

ちなみに、企業側の目的に応えるためにも、就活の軸を答える時には、入社後にどのような活躍ができるかも交えて話すと、面接での印象をあげることができるでしょう。

「就活の軸」を答えるポイント

ここでは、就活の軸を答えるポイントについて解説します。

具体的には以下の3点を意識して、就活の軸に答えると良いでしょう。

・まず結論を伝える
・なぜその就活の軸を選んだかを伝える
・入社後のビジョンを伝える

まず結論を伝える

1点目は、まず結論から伝えるということです。
こちらは就活の軸に限らず、全ての面接の質問に対して結論から答えることを心がけた方が良いでしょう。

結論から伝えることで、面接官がどういう内容の話をしていくのかをイメージしながら聞けるので、話の内容を理解しやすくなります。

逆に結論を最初に話さずに話を進めてしまうと、話のイメージが伝わりにくくなってしまい、相手をイライラさせてしまう可能性があります。
面接官にマイナスな印象を与えてしまうため、面接で捨紋に答えるときは結論から述べるようにしましょう。

なぜその就活の軸を選んだかを伝える

2点目が、なぜその就活の軸を選んだかを伝えることです。

結論を伝えた後は、それを裏付けるだけの理由を伝える必要があります。
就活の軸を選んだ理由がなければ、説得力を持って伝えることができず、疑念をもたれてしまいかねません。

説得力のない回答をしてしまうと、面接官が学生の入社後のイメージが湧きにくく、採用に繋がらない可能性もあるため、「なぜその就活の軸を選んだのか」という理由を伝えた方が良いでしょう。

また、理由とともにそう思ったエピソードも交えて話すと、より説得力が増します。

入社後のビジョンを伝える

3点目は入社後のビジョンを伝えることです。

面接官は基本的に就活の軸を聞くことで、入社後自社で活躍する姿をイメージしようとしています。
そのため、入社後どのような業務を行い、どのような形で企業に貢献できるのかを話すことで、面接官は学生が入社後長期的に活躍する姿をイメージしやすくなります。

ただし、注意点としては企業で実現できるものである必要があるため、入社後のビジョンは企業が求める人物像に沿ったものにした方が良いでしょう。
そのためにも、綿密な企業研究が欠かせません。
企業の求める人物像にマッチした入社後のビジョンを就活の軸とうまく繋げながら話すことで、面接での好印象につながります。

具体的な「就活の軸」の答え方

ここでは、具体的な「就活の軸」の答え方について解説していきます。

以下のように3つの例文を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「社風」を軸としている場合
「自分の能力を活かすこと」を軸としている場合
「チームワーク」を軸としている場合

「社風」を軸としている場合

まず1つ目は、社風を軸とした場合の就活の軸の答え方です。

具体的には以下のように答えていくのが良いでしょう。

“私の就活の軸は、顧客を大切にしていくという社風を持つ企業で働くことです。
なぜかというと、顧客を大切にしている会社は同時に従業員も大切にしている会社だと考えているからです。

私は普段からよく旅行に出かけるのですが、宿泊するホテルの従業員の方から親切な対応をされたときに、非常にいい気分で旅行を楽しめているなと感じます。
この体験から、顧客を大切にする仕事は、人を幸せにできると実感しています。

以前、御社のサービスを受ける機会がありましたが、顧客のことを第一に考えたサービス提供をされており、接客も丁寧だったため、非常に感動したのを覚えています。
御社の企業理念として掲げている「お客様を第一に」という考えは、私の価値観とも非常にマッチしていると考えています。
そのため、ぜひ御社で働きたいと考えており、今回応募いたしました。”

「自分の能力を活かすこと」を軸としている場合

2つ目が、自分の能力を活かすことを軸とした場合の就活の軸の答え方です。

具体的には、以下の例文のように答えるのがおすすめです。

“私は就活の軸として、「自分の能力を活かせる企業で働くこと」を掲げています。
なぜかというと、自分の能力を活かせる企業で仕事ができれば、高い成果をあげ自分と会社の双方にメリットがあると考えるからです。

私は人とのコミュニケーションを得意としており、周りからも明るい性格だと言われます。
そして、自分から話すのが好きなだけではなく、相手の話もよく聞き、お互いに信頼関係を築くことも得意です。
私が大学3年生の時には、ゼミの合同説明会で所属しているゼミの勧誘も行いましたが、積極的に学生に話しかけることで、多くの学生を勧誘することができました。

御社の業務では、顧客対応が欠かせない業務の1つと伺っています。
私は自分の能力を活かして御社に貢献できると考えています。”

「チームワーク」を軸としている場合

3つ目は、チームワークを軸としている場合の就活の軸の答え方を解説します。

具体的には以下の例文のように回答するのが良いでしょう。

“私の就活の軸は、「チームワークを大切にしている企業で働くこと」です。
なぜかというと、チームワークが良好であれば業務で大きな成果を出せると考えているからです。

私は中学から高校までバスケットボール部に所属していましたが、チームスポーツのため、チームワークがそのまま成果に結びついていました。
中学3年生の時に、クラブチームで練習していたバスケットボールの技術が高い部員が入部しましたが、個人プレーをする場面が多かったため、チームの連携がうまくいかず試合に負けてしまうことも度々ありました。

私たちはチームで話し合い、チームワークを大切にして練習から本番にのぞむよう約束をしました。
その結果、対外試合でも再び勝ち続けることができるようになったのです。
この経験から、大きな成果をあげるためにはチームワークが必要不可欠であることを学びました。

御社はチームワークを大切にして業務にあたっているのをインターンをとして感じましたので、御社であれば自分の能力を十二分に発揮して貢献できると考えたため、御社を志望いたしました。”

ここだけは知っておきたいポイント!(まとめ)

就活の軸を聞くことで、企業側は学生が自社にマッチしているかや長期的に活躍できるかどうかを見極めています。

今回の内容を参考に、企業での活躍がイメージできるように就活の軸を面接官に伝えていきましょう。