はじめまして、理系就活情報局です。
今回は、理系学生の浪人について解説していきます!

浪人経験者にとって、浪人していることが就職に不利になるのではないかと不安になることはあると思います。

そして浪数を重ねるほど、「浪人をしていても大丈夫なのか」という不安は増えると思います。

そこで、この記事では、「浪人していると就活は不利なのか」といったことについてから「就活で成功するために学生時代に取り組んでおきたいこと」まで、解説します。

理系就活を優位に進めたい理系就活生は是非参考にしてみてください!!

浪人していると就活は不利?

ここでは「浪人していると就活に不利なのか?」について、解説していきます。

浪人経験者の方は、「浪人をしていると就活で上手くいきにくいのか」と考えることもあると思います。

しかし、浪人して就活することのメリットや、留年や浪人を考慮しない会社もあります。

そして、「浪人生だから採用したい」といった会社もあるんです!

それは浪人生には現役生にはない魅力があるからです。

ここでは、そのような浪人をして就活することのリアルな現実について解説していきます。

浪人して就活することのメリット

浪人をして就活をするのは実際問題、不利ではないです。

なぜかというと、企業がプラス2年までは浪人をしていても学生を新卒扱いをしていて、もしそれ以上の浪数になったとしても大学時代にやったことは評価されるからです。

実際に浪人したけれど大学時代の功績が評価されて大企業に就職した人も多くいます。

しかし、現役で同じ大学に入った学生と比較された時に多少ハンデが生じる可能性はあります。

一浪じゃなくて二浪三浪になってくると就職が困難になってくると考える人も多くいると思いますが、学生が思っているよりも企業側は浪人に対してそこまでハンデに思っていません。

特に中途採用を受け付けている会社となれば、幅広い人を求職者として扱っているので年齢や学歴も大きく気になるものではないと言えます。

浪人生が今就活市場で注目されている!?

実は今、浪人経験のある就活生が注目されているという話題もあります。
難関大学を目指して二浪や三浪をした学生を企業の人事担当は「やる気のある人」や「目標に対して行動ができる人」といった評価をすることもあり、現役生よりも注目が高いこともあるようです。
一概には言えないですが、現役で合格した生徒は元々要領が良かったり元々学力が高くて、積極的に学ぶといった吸収力や根性が足りなかったり、企業にとってデメリットになってしまう場面も時に出てきます。
そのような現役生と比べて、つまずいても自分の欠点を克服するために努力できるような、浪人をして二浪や三浪をした学生の方が急成長しているベンチャー企業や新入社員への教育が熱心な会社からしてみれば優良株とも言えます。
そのような会社と違って、大企業だと浪人や留年を細かく確認することもありますが、意外と浪人や留年を考慮しない会社も多く、中小やベンチャーでは特にその流れが顕著で、やる気や将来ビジョンを評価するところも多いので浪人経験は時には就活で武器になると思って良いでしょう。

三浪の場合はどうなる?

「二浪までは新卒だから関係ないけど三浪からは就職が困難だ」といった声を聞くこともあると思いますが、実際三浪した場合就職はどうなるのでしょうか。

そのような三浪の就職活動の現実についてまとめました。

就職に全く影響がないとは言えない

実際問題、二浪までは就職面接でその理由を問われることはなく、就職に影響が出てくることはほとんどないですが、三浪してしまった時はどうなるのでしょうか。

「三浪した場合、就職活動に影響は全くないとは言えない」でしょう。

なぜかというと三浪だとエントリーシートを書く際に企業によっては新卒の扱いをされないところも存在するからです。

しかし、「医学部以外に多浪や再受験の価値が無い」といった意見であったり、「三浪以上や留年経験者は就職できない」というのはテンプレートに過ぎず、多浪や再受験をしたことがない人がネットの言葉を鵜呑みにしている、実体のない発言にすぎません。

今は景気も回復基調であり、民間企業も売り手市場です。

さらに、公務員や教師はより現実的な選択肢となってきます。

そして難関大学であるほど就活で有利なのは、現役でないか否かでは変わらないので、できるだけレベルの高い大学を受験することも多浪生の選択肢として言えるでしょう。

年相応の落ち着きがプラスに働くことも

二浪や三浪をしたのであれば、他の現役生と比べて年齢的な落ち着きがプラスに働くことがあります。

若い世代の二歳差は大人っぽさであるとか、これから社会人になるに向けての自覚もしっかり身についていると判断をされることもあります。

こういった好印象を与えるために年相応の振る舞いや発言はプラスに働きます。

そして、こういった大人っぽい振る舞いというのは現役生には出せない武器となります。

三浪の就活の成功のポイント

浪人生にとって就活を成功させるにはどういった業界にいくのがいいか、浪人経験を聞かれたらどうすればいいのかといった不安もあると思います。

そこには戦略が必要になってきます。

ここでは浪人生が就活を成功させるために必要な戦略と、妥協しないで行きたい企業に行くための方法を解説していきます。

浪人生が有利な業界は〇〇!?

基本的に浪人や多浪の人が有利になりやすいのは人材不足の業界です。

そしてIT業界は圧倒的に人材不足であり、浪人や留年を気にしない会社も多くあります。

まだ入学当初であったり、就活がまだまだ先にあるといった人はプログラミングを先に勉強しておくことで他の就活生と比べた時に強い武器になるでしょう。

そして、高学歴の方でやりたいことが明確にないという方にはコンサル業界もおすすめです。

コンサルティング会社は激務なところも多く、人の出入りも激しいので浪人や留年は気にされないことも多いです。

そのような点から論理的思考力や自分のスキルに自信のある人はぜひ受けてみたい業界になっています。

浪人経験をプラスのストーリー化する

浪人経験者や学生は浪人ということに対して最初から自分でマイナスイメージを抱いている傾向があります。

そして就職面接の時にも「自分は浪人をしているから」と後ろめたさなどでアピール力が弱くなり、それが面接官に伝わることで悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。

そしてそういったことが続くことで、「自分は浪人しているから」と就職活動に対してのやる気が出ないことにつながることもあると思います。

そのため、浪人を気にしている人こそ、浪人したことを気にしすぎず浪人をプラスのストーリーとしてアピールすることが大事です。

そのために大事なのが理由づけそこからどう変わったかです。

なぜ浪人をしたのか、目標を達成してその経験からどう変わったのか、挫折があって成長したのかといった、理由づけとそこからどう変わったかを言語化するのがとても大事になってきます。

就職先を妥協しない

浪人をして、現役生より遅い就活をすることで焦ってしまう方も多いですが、焦って就職先を決めるのも危険です。

焦って決めた企業との相性が悪くすぐ辞めることで、浪人よりも経歴に傷がつく可能性もあります。

企業を転々とすることは成長をすることがなくひたすらに時間だけが過ぎてしまう可能性もあるので、就職先は慎重に見定める必要があります。

二浪三浪、それ以上と浪数を重ねてしまったことで負い目を感じて焦って就職先を探すのではなく、純粋に自分が成長して活躍できる企業を選び、妥協をしないで就職したいと思えるような企業を目指すことが重要です。

就活で成功するために学生時代で取り組んでおきたいこと

学生時代の間に、周りの現役生や浪人生と就職活動で戦えるように、就活で成功するために取り組んでおきたいことは何なのでしょうか。

そのような学生時代に取り組んでおきたいことについてまとめました。

部活動やサークル

就活に成功するために取り組んでおきたいこととして、部活動やサークル活動に取り組むことがおすすめです。

なぜかというと、そういった集団の中で行動することで協力しあったり課題を解決していく上でコミュニケーション能力や協調性を磨くことができるからです。

それは就職後でも役立つスキルなので、部活動やサークルに入ることは学生時代に取り組んでおきたいこととして挙げられます。

長期インターンシップ

長期インターンシップでは組織の一員として学生の間から働くことができます。

そういった経験をする中で学生時代に社会人の仕事経験を先取りすることもできます。

1、2年からできるインターンシップもあるので、周りに差をつけるために学生時代に長期インターンシップはぜひ取り組んでおきたいこととして挙げられます。

これだけは知っておきたいポイント(まとめ)

この記事では、「【三浪でも大丈夫!】浪人経験者のための就活まとめ」について解説してきました。

重要なポイントをおさらいします。

・浪人していることが有利になることもあるので浪人経験があることに悲観し過ぎない
・就職先を妥協しないことが今後を見据えた時に大事
・就活で成功するために部活動やインターンシップで経験を積み、プログラミングも余裕があったら学んでみる