こんにちは。理系就活情報局です。

書類選考に通過し、一次面接、二次面接と順調に進めば、いよいよ最終面接ですね。内定目前ですが、その前に待っているのが、いちばん最後に質問される逆質問。

「最終面接での逆質問って、一次や二次と同じじゃだめなの?」

「逆質問で失敗して、取り返しのつかないことになったらどうしよう」

このように、最終面接での逆質問について不安を感じている就活生は少なくありません。そこで、今回は、最終面接で逆質問をする目的や逆質問に備えて準備しておきたいことについて解説します。さらに、逆質問で聞いていいこと・NGなことについて具体的に紹介します。

決して気を抜いてはいけませんが、身構えすぎる必要もありません。攻略法を知って、しっかりと準備しておけば、ピンチをチャンスに変えることができるでしょう。

当記事を参考にして、準備を怠らないようにしてください。

最終面接について、知っておきたいこと

最終面接での逆質問について見ていく前に、最終面接自体の目的や、一次・二次面接との大きな違いを確認しておきましょう。

一次面接、二次面接とはココがちがう

一次面接や二次面接とのいちばん大きな違いは、面接官が違うということです。面接会場に入ったときの雰囲気があきらかに異なっています。

一次面接や二次面接では、現場で働くマネージャー、人事の採用担当者が面接官となるケースが多いです。

他方、最終面接では社長や役員、人事責任者など、企業の経営層が担当します。

したがって、最終面接は内定の最終判断をする場といえます。したがって、就活生たちが「ここで失敗をするわけにはいかない」というプレッシャーを感じるのも無理はありません。しかし、最終面接に臨むということは、一次面接、二次面接を突破してきたということです。自信を持って最終面接に挑みましょう。

最終面接の目的は?

次に、最終面接の目的について解説します。

一次面接や二次面接とは面接官が違うので、自ずと面接で見られるポイントが違ってきます。

一次面接や二次面接で見られるポイントは、実務的な能力やコミュニケーション力、現場の雰囲気に合っているかといった点で、「一緒に働きたい人物か」ということを確認されます。多くの就活生をしぼっていくために、ふるいにかける意味合いもあります。

一次面接や二次面接で、企業の求める条件を満たした人たちに行うのが最終面接です。ここでは、企業経営層によって「会社のビジョンに合っているか」「会社にどのように貢献してくれるのか」を見られるのです。

そして、内定を出すかどうかを見極める面接です。

企業側の面接の目的が異なっているなら、その目的に合わせた面接対策が必須となります。

最終面接で逆質問をする3つの目的

最終面接の目的を意識しながら、最終面接の逆質問について考えていきましょう。最終面接でも逆質問をされることがあります。ただし、一次面接や二次面接の逆質問とは意味合いが少し違う点に注意しましょう。最終面接で逆質問をする目的には次の3つのことがあげられます。

  • ・入社意欲や熱意を最終確認したい
  • ・質問力・準備力があるかを最終確認したい
  • ・お互いの相性を最終確認したい

入社意欲や熱意を最終確認したい

企業は、最終面接まで残った就活生が、「本気で自社に入社したいと思っているのか」「どのくらいの熱意があるのか」を確認したいと思っています。内定者の内定辞退を避けたいからです。

企業側が「採用したい」と思う気持ちと、就活生が「この企業で働きたい」と思う熱意が合致することが理想です。採用したい度合いが同程度の就活生なら、企業は自社に対しての意欲と熱意がより高い就活生を採用します。

制約が少ない逆質問は、就活生の熱意が見え隠れしやすい質問として企業は重要視しています

質問力・準備力があるかを最終確認したい

最終面接の逆質問を通して、就活生の質問をする力・準備する力を見ている場合もあります。

ビジネスの場では、課題を見つけクリアするための対策を見出していくプロセスが欠かせません。すなわち、仕事をしていく中で「質問をする力」が求められます。その一連の力を持ち合わせているかを企業は見ているのです。

逆質問の内容を聞けば、就活生がどのくらい企業のことを研究したか、面接に向けて真剣に準備をしたかが見えてきます

最終面接のための準備には、逆質問対策も怠らないことが必須です。

お互いの相性を最終確認したい

最終面接まで進んだ学生が企業についてどれだけしっかり研究しているとしても、企業の一員として働き始めた時の認識のずれは避けられません。企業にとってはもちろん、面接に臨む皆さんのためにも少しでも疑問を解消しておくことが望ましいです。

最終面接の最後に逆質問の場を設けることで、就活生に疑問を少しでも払拭してもらい、その上で企業との相性を最終確認したい意図もあります。

就活生側は、企業側に相性が良くないと感じさせないよう逆質問を準備しておきましょう。

関連記事:【理系就活】逆質問はチャンス!絶対に失敗しない逆質問ガイド

最終面接の逆質問に備えて準備しておきたい3つのこと

最終面接で逆質問をする企業の目的について見てきました。それを踏まえ、最終面接対策の中で皆さんが準備しておきたいことを3つ解説します。

  • ・企業理念や経営理念の確認をしておく
  • ・事業について知っておく
  • ・複数の質問を準備しておく

企業理念や経営理念の確認をしておく

経営層である面接官に、「御社に入社したい」という自身の熱い思いを伝えるには、面接に臨む企業をしっかり調べておくことが絶対条件です。

経営層は、自社をよく知った上で、入社を強く希望する人を採用したいと思っています。

企業理念や経営理念は十分把握していたとしても、最終面接の前にも再度確認しておきましょう。新しい気づきも出てくる可能性があります。さらに、企業のウェブサイトから最新情報を得て、掘り下げた質問をすれば、その企業に強く関心を持っていると印象づけられます。

事業について知っておく

企業の力を入れている事業や今後の展望に関することなどを、よく知っておく必要があるのは言うまでもありません。

応募先企業の業界動向もリサーチした上で疑問に思っていることを質問すれば、真剣な姿勢が伝わり、面接官の印象に残る可能性が高いでしょう。

複数の質問を準備しておく

「他に質問はありますか?」と質問されたときに慌てないよう、少なくとも3~5個の質問を準備しておくと安心です。

面接の流れの中で、聞く必要がなくなる質問も出てくるので、複数、傾向の異なる質問を用意するのが望ましいです。

たくさん逆質問すればいいわけではありません。時間オーバーになってしまえば印象は悪くなります。

最終面接の逆質問で聞いていいこと

では、最終面接で「他に質問はありますか?」と聞かれた場合に聞いていいことの例を具体的に見ていきましょう。

会社の理念に関すること

【質問例】

「御社の理念は〇〇ですが、理念を具現化するために今後力を入れていく予定の分野やサービスはございますか?」

ホームページに掲載されている企業理念や経営理念、社長メッセージを必ず読んで理解した上で、企業の今後のビジョンや事業方針を聞くことで、その企業への興味・関心の強さをアピールできます。

経営の根幹に関わる経営層だからこそ分かる会社の方向性に焦点を当ててみることも良いでしょう。

面接官から見た自社の魅力・課題

【質問例】

「〇〇様からご覧になって、御社の一番の魅力は何か教えていただけますか?」

「〇〇様からご覧になって、御社の強みと課題は何か教えていただけますか?」

経営層の目から見た魅力・課題を聞くことで「当社のことをしっかり捉えようとしているのだな」という意図が伝わります。面接官の回答に対して、「入社後はその課題にこのように取り組みたい」とポジティブに話せば、さらに好印象を残せるでしょう。

ただし、面接官によっては個人的に質問されることを好まない場合もあり、状況を見て判断しましょう。

当日の面接で気になったこと

【質問例】

「先ほど〇〇とお聞きしましたが、詳細をお伺いできますか?」

「先ほどおっしゃっていた〇〇業務について、取得しておくと良い資格などはありますか?」

最終面接の逆質問は、最後の質問です。面接中に気になったことや確認しておきたいことがあれば、逆質問で聞くと良いでしょう。会社への関心度も伝わります。

企業は、ビジョンを持って課題に向けて成し遂げてくれるような人材を求めています。「私は〇〇といったビジョンがあり、それを実現するために、〇〇についてもっと知りたい」といった質問ができれば、会社に貢献してくれる人材だと見られ、好印象を残せるでしょう。

会社との相性に関すること

【質問例】

「御社で仕事をする上で、何を大切にしながら働いてほしいと考えていますか?」

「活躍されている社員の方々に共通する価値観はございますか?」

最終面接の逆質問は、自分にとってその企業がマッチしているかを最終的に見極める場でもあります。企業が大切にする価値観を確認することは、入社後のミスマッチを防ぐことにつながります。企業側も、同様にお互いの相性を確認したいと思っています。

最終面接の逆質問でNGの質問は?

次に、最終面接の逆質問で気をつけたいNG例について解説します。

自分で調べればわかること

【NG質問例】

「御社の経営理念は何ですか?」

「御社は海外拠点が何拠点ありますか?」

逆質問をする際には、ホームページや会社案内を調べれば分かるような質問はナンセンスです。「企業研究していない」「当社への入社意欲が低い」と判断されてしまいます

待遇・福利厚生に関すること

【NG質問例】

「残業はどのくらいありますか?」

「ボーナスの金額はいくらですか?」

「御社の福利厚生制度について教えてください」

これらの質問は、「できるだけ残業をしたくない」「仕事そのものより、福利厚生や待遇を重視している」という印象を与えかねません。どうしても知りたいならあとで人事に確認できます。最終面接の質問で待遇・福利厚生に関して聞くと、場違いの印象を与えてしまいます。

一次・二次面接で聞くべきこと

【NG質問例】

「〇〇事業部に配属された場合の1日のスケジュールを教えてください」

「入社後、研修から実務に入るまでの流れについて教えてください」

業務内容についての質問は、現場マネージャーや採用担当者が面接官である一次・二次面接でしましょう。最終面接の面接官は、各部署の具体的な業務内容については把握していない場合も多く、その場にそぐわない質問となります。

「質問はありません」はNG?

「特にありません」と答えるのは、基本的にNGです。経営者である面接官に「御社にはあまり興味がありません」と伝えているようなもので、リスクが高いです。

たとえ第一志望の企業でなくても、逆質問をいくつか準備しておきましょう。

まとめ:最終面接の逆質問はラストチャンス

最終面接の逆質問は、就活生にとっては自己PRの最後のチャンスです。面接官の心に刺さる逆質問をすることができれば、最後に好印象を残すことにつながります。どのような逆質問をしたかで、合否が分かれることもあるのです。したがって、非常に大事な場面です。

最初に述べたように、最終面接は内定を出すか出さないか最終決定をする場です。面接が終わるまで気を引き締め、「この人をぜひ採用したい」と思ってもらえるよう、今から準備をしておきましょう。