こんにちは、理系就活情報局です。

今回は、理系院生に人気の就職先であり、多くの理系学生が活躍する外資系コンサル企業について紹介していきましょう!

外資系コンサル企業における理系人材

外資系コンサル企業における理系人材

まず最初に、外資系コンサル企業において、どのように理系人材が求められているのか、なぜ理系人材が求められているのかを解説していきます。

なぜ(外資系)コンサル企業なのか?

まずコンサル企業とは、クライアントが抱える様々な問題に課題解決のための支援を行うことが主な仕事になっています。

今回は外資系のコンサル企業を取り扱っていくので、理系人材が普通のコンサル企業ではなく海外資本のコンサル企業においてなぜ求められてくるのかということについて説明していきます。

理系学生が外資系コンサル企業に向いている理由

なぜ理系人材が特にコンサル企業に向いてるのかという理由は主に4つ挙げられます。

1つ目は論理的思考力が求められるためです。

コンサル企業はクライアントのどんな問題でも様々な角度からアプローチして一緒に課題解決をしていかなければいけないため、論理的に考える力が求められてきます。

専門知識などを持っていることで、より多様な問題解決のアプローチにもなりうるため、理系学生の持つ専門性もとても大事になってきます。

2つ目は、コンサル企業においては限られた時間の中で問題解決をしなければいけないため、普段から仮説を立て、実証することに慣れている理系学生は効率よく問題解決に取り組めることが挙げられるでしょう。
3つ目は、理系学生は新卒からIT技術などの知識を持っていることが多く、IT系コンサルなどの専門的な知識を求められるコンサル企業では即戦力として活躍が期待できます。

4つ目は、コンサル企業の分野にもよりますが、データや数字の取り扱いに慣れている理系学生は金融系コンサル、財務系コンサルなどの分野で活躍できることが挙げられるでしょう。

外資系コンサル企業と大学院

外資系コンサル企業と大学院

外資系コンサル企業に求められる理系人材であっても、求められるのは大学院卒の外資系コンサル人材であるため、なぜ大学院生までの知識が外資系コンサルにおいて求められるか理由を2つを見ていきましょう。

大学院生が求められる理由①

理由の1つとして挙げられるのが、大学院生の方が日頃からロジカルな思考力を鍛えられていることです。

理系大学院に通っている学生は、大学も理系であるケースが多くなっています。

もちろん、大学院に通っているから、コンサル業界で働く上でのスキルが全て備わっているわけではありません。

しかし、選考の中などで論理的思考を見抜く中で、普段からロジカルに考え力を鍛えている理系学生はコンサル企業の求める人材像を意識していないうちに備えているということがわかってきています。

なので、理系大学の学部卒よりも長く理系学問を学ぶ理系院生はコンサル業界で求められる1つの理由として挙げられます。

戦略系コンサルファーム

戦略系コンサルファーム

外資系コンサル企業の中でも数多く分かれるファームのうち、1つのファームである戦略系コンサルファームの中の3つの会社において活躍する理系出身者の声を紹介していきます。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーはシカゴ大学で会計学を学び、経営学教授であったジェームズ・O・マッキンゼーによって設立された世界トップクラスの戦略コンサル企業です。

日本には1971年にオフィスができて以降、日本特有の環境や状況に適応させながら様々な企業にその知見を教えています。

そんなマッキンゼー・アンド・カンパニーにおいても理系で学んだ知識や磨いたスキルなどというのは活躍されており、多くの理系出身者が活躍しています。

ペルー出身のソフィア氏は大学院にて分子生物物理学と生物学の博士号を取得したのち、マッキンゼー・アンド・カンパニーにおいてフィラデルフィアを拠点とするオフィスのマネジャーとして働いています。

大学院を卒業したのち就職したソフィア氏は就職1年目は大学院生1年目をローテーションしているようであったと、語っています。

マッキンゼーが解決に取り組む医療や製薬の分野はソフィア氏の学んできた経歴にとても関連していて、自分の学んできた分野の最新情報や技術に触れながら問題解決をしていくことは彼女にとって働いていく中での大きなやりがいを感じると話されています。

参考:PhD取得後マッキンゼーへ: 理系の経験はコンサルにどう役立つ?

ローランド・ベルガー

ドイツに本拠地をおき、ヨーロッパ最大の戦略系コンサル企業として知られているローランド・ベルガーにおいて活躍する徳本直紀氏は京都大学院農学研究科を卒業してから、新卒で12年目の現在は、プリンシパルとして活躍しています。

理系大学院卒業の徳本氏も、コンサル業界において、学生時代に培ってきた思考力、短時間での情報処理能力などというのはとても活躍していると主張しています。

また、情報技術が発展している今はコンサル業界において理系人材がより求められるようになったとされているそうです。

参考:理系の就活先に「外資コンサル」はありか、なしか?研究内容を活かせない業界に敢えて飛び込んだ京大生の頭の中

ボストンコンサルティンググループ合同会社

ボストンコンサルティンググループ(BCG)は世界90ヵ国にオフィスを構える経営戦略コンサル企業です。

1966年に東京にオフィスを開いて以来、大阪などの各地にもオフィスを置き、日本国内に根ざした経営戦略の実現をサポートしている企業です。

そんなBCGにおいても多くの理系出身者が活躍しています。
多く活躍する理系出身者の1人である若林克弥氏は働いていく中で、理系学生ならではの研究への熱や強みを生かしてBCGで働いていくことができると話されています。
その中でも論点の設定、仮説、検証、というような検討の流れは学生の頃に行っていた研究の流れと似ていて研究者はコンサルティング業務にフィットしやすいとも言っています。
仕事をしていく中でのやりがいとして、短時間で問題を解決してクライアントをサポートしていくことでクライアントからとても感謝されることはコンサル企業ならではの仕事のやりがいであると述べています。

参考:理系の強みを生かした経営コンサルタントに! 分析力と研究思考で勝負するエリート集団・BCGの魅力

総合系コンサルファーム

総合系コンサルファーム

最後にもう1つ、数ある中のファームである総合コンサルファームの中の1つの会社において活躍する理系出身者の声を紹介していきます。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社

総合系コンサルファームの1つであるデトロイトトーマツコンサルティング合同会社は世界48ヵ国、85の支社をもつコンサル企業です。

日本企業にも海外進出支援を行うなどの特徴で知られているDTCでも理系大学院において物質工学を学んできたT.Tさんが活躍しています。

彼も理系学生ならではで備える論理的思考力に気付き、うまく活用できないかということでコンサル企業を就職先として選んでいます。

彼の関わってきたプロジェクトの中でも、IT技術を活用して新しい医療サービスを構築するというようなプロジェクトでは、専門性を活用するだけでなく様々な国の新しい技術に触れることなどの多様性がとてもやりがいがあったと話されています。

このように理系的専門知識に伴い、多様性も感じることができ、最新の専門的技術に触れることができるのは大学院に通い研究を続けてきた理系大学院生の心をくすぐらせる就職先ではないのでしょうか。

参考:DTCコンサルタント図鑑

まとめ

今回は、理系院生が多く活躍する外資系コンサル企業について徹底解説していきました。この記事を通して理解していただきたいのは、コンサル企業における理系学生の需要が高まってきていて多くの理系出身者が活躍していることです。理系学部においてせっかく身につけた知識やスキルは、ぜひ社会人になっても伸ばしていきたいですよね。今後の就職活動においてコンサル企業という分野もぜひ目を向けてみてください。