はじめまして、理系就活情報局です。
今回は、理系学生の就職と成績(GPA)の関係について解説していきます!

理系学生のみなさんは、学生時代の成績(GPA)がどの程度就職に影響するのか気にかけたことはありますか?

成績はあとから変えられるものではないため、成績(GPA)が気になって就活に不安を感じている方も中にはいるかと思います。

そこで、この記事では、「成績が就職に影響する例・しない例」から「成績が悪い場合やるべきこと」まで、解説していきます。

成績に不安がある・自信がない理系就活生は是非参考にしてみてください!!

成績が就職に影響する例

就職活動に大学の成績(GPA)がどのくらい影響するのか・必要なのかなど、不安がある理系学生の方は多いと思います。
ここではまず、成績(GPA)が就職に影響するケースについて解説していきます。

これから就活を始める方はぜひ参考にしてみてください。

研究職に就く場合

研究職に就く場合、企業に入社した後も、学生時代の自分の研究分野と同じ分野の研究をすることが多いです。

そのため、企業側は、学生時代に優秀な成績をおさめている学生を歓迎します。
大学院まで進んでいる学生であれば、大学院生時代の成績(GPA)も重要になってきます。

研究職を目指している方は、可能な限り良い成績をおさめられるよう意識していきましょう。

学内推薦

研究職に進む場合に加え、学内推薦を利用する場合にも、成績(GPA)は重要になってきます。

理系の場合、学内推薦が多くの大学に存在します。

学内推薦は、企業が学生をを選ぶのではなく、学生が企業を選ぶことができます。
そのため、この学内推薦を利用する理系学生はかなり多くなりますが、推薦枠には限りがあります。
そこで利用されることが多いのが成績(GPA)です。

学内推薦を利用したい場合、良い成績をおさめることは就職対策につながるので、できるだけ良い成績をおさめておけるよう努力しましょう。

成績が就職に影響しない例

ここまで、成績(GPA)が就職に影響する例について解説してきました。

一方で、成績(GPA)が就職にそこまで影響しない場合もあります。

ここでは、成績(GPA)が就職に影響しないケースについて説明していきます。
成績に自信がない方は、以下の内容を参考にしてみてください。

研究職以外に就く場合

理系学生が研究職以外に就く場合、成績(GPA)はそこまで重視されません。

むしろ、学生時代に「どのような事に力を入れたのか・頑張ったのか」が注目されます。

もちろん、良い成績をおさめておくに越したことはありませんが、成績だけでなく、他にもアピールできることを作っておくと企業には魅力的に映るかもしれません。

自由応募

学内推薦を利用する場合と反対に、自由応募を利用するのであれば、成績(GPA)はほぼ関係ありません。

理系学生が自由応募でエントリーする場合、成績(GPA)よりも、「どのような研究を行ったか」「その研究を企業でどう活かせるか」が重視されます。

研究を行っている理系学生の方は、就活でアピールできるよう、研究活動にも力を入れられると良いでしょう。

企業が成績・GPAをみる理由

ここまで、どのような場合に成績(GPA)が就職に影響するのかについて解説してきました。
成績(GPA)が重要になる場合がおわかりいただけたでしょうか?

ここでは、成績(GPA)を参考にする企業が、成績(GPA)をみる理由・目的について説明していきます。

企業の人事のリアルな気持ち・考えを知ることで、成績への意識が変わるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください!

学びへの姿勢を知りたい

成績(GPA)を参考にする理由の1つとして、「学生の学びへの姿勢を知りたい」という企業の気持ちがあります。

もちろん成績(GPA)だけで採用・不採用が決まることはありませんが、成績(GPA)は学生がどの程度真剣に学業に取り組んできたのか分かる指標となりえます。

そのため、個人の学びに対する姿勢をみる、という観点で、成績(GPA)が参考にされることがあるようです。

総合的な判断材料として使える

成績(GPA)を、学生の総合的な判断材料として使っている企業もあります。

企業側からすると、成績(GPA)は学生時代のようすが伺える唯一の指標です。

そのため、成績(GPA)を、学力、人間性、業務に対する向き・不向きなどのさまざまな面を総合的に見る中で、1つの指標として見ている企業の人事もいるようです。

学力の程度を知りたい

学力の程度を知りたいため成績(GPA)を参考にする企業もあるようです。

企業からすると、ある程度の学力がある学生は、業務を理解する時間も比較的短く、あらゆることに忍耐強く取り組めるのではないか、という認識があります。

そのため、より優秀な学生を選ぶために、成績(GPA)を参考にする企業の人事も中にはあるんですね。

成績が悪い場合するべきこと

ここまで、成績(GPA)が就職に影響する例・しない例や、企業の人事が成績(GPA)をみる理由について解説してきました。

ここからは、「成績が悪い場合はどうしたらいいのか・何をすべきか」について解説していきます。

成績に不安がある方・どうしたらいいかわからない、という方はぜひご一読ください!

履修や成績の背景を伝える

成績がよくない場合も、なぜそのような成績になったのか、きちんと説明できれば問題ありません。

また近年では、成績(GPA)だけでなく、「履修履歴」(どのような科目を履修したのか)に注目する企業も増えています。
このような企業は、履修履歴を通して、学生がどのような学問・分野に興味を持っているのかを知りたいようです。

面接で成績についてきかれた場合は、真摯な姿勢で正直に答え、「なぜこの科目を選んだのか」「なぜそのような成績になったのか」をしっかり説明するようにしましょう。

勉強以外に頑張ったことをアピールする

成績が良くなかったとしても、勉強以外に頑張ったこと・力を入れたことをアピールできれば問題ありません。

バイト、部活動、ボランティア、インターンなど、自分が力を入れているものであれば、何でも強みになりえます。

成績の良し悪しに関わらず、学生時代に頑張っていたことがあるという姿勢を見せることが重要です。

SPI・テストに備える

SPIとは、就活で利用されることの多い適性検査のことです。

現在では、SPIやテストを実施する企業はかなり多くなっています。
また、企業によっては、SPI・テストの正解率によって足切りを行っているところもあります。

対策をすればある程度の点はとれるはずですので、自分の志望する企業にあわせて対策をしておきましょう。

ES対策をする

ES(エントリーシート)は就活で必要となるもので、「自分がどのような人物なのか」「これまでどのような経験をしてきたのか」などを記す履歴書のようなものです。

ES(エントリーシート)は企業の人事が一番最初にみるものです。
そのため、ES(エントリーシート)は、企業に最初に与えるあなたの印象を左右します。

就活生の中にはES(エントリーシート)を軽くみて適当に書いてしまう方もいますが、企業側からすると重要な判断材料となるものですので、時間をとってていねいに書き上げましょう。

まとめ

この記事では、「【理系就職】大学の成績は就職に影響するのか?」について解説してきました。
いかがでしたか?

ここで、理系学生の成績について重要なポイントをおさらいしておきましょう!

・成績が就職に影響する例
  …①研究職に就く場合
   ②学内推薦

・成績が就職に影響しない例
  …①研究職以外に就く場合
   ②自由応募

・企業が成績・GPAをみる理由
  …①学びへの姿勢を知りたい  
   ②総合的な判断材料として使える
   ③学力の程度を知りたい

・成績が悪い場合するべきこと
  …①履修や成績の背景を伝える
   ②勉強以外に頑張ったことをアピールする
   ③SPI・テストに備える
   ④ES対策をする