企業から内々定後に推薦状の提出を求められる後付け推薦は、内定辞退防止策として行われ「オワハラ」に当たるのではないかと指摘されています。

実際、就活中の理系学生でも内々定後に推薦状の提出を求められ、どう対応すればいいかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、後付け推薦について企業から求められた時の対処法を中心に解説します。

内々定後に推薦状の提出を求められ困っている就活生はぜひ参考にしてみてください。

後付け推薦とは?

後付け推薦とは、就活生が内々定をもらうタイミングなどで、企業から推薦状の提出を求められることです。
推薦状は選考前のタイミングで出すべきものですが、選考を終えてから提出するため後付け推薦と呼ばれています。

本来推薦状は教授が優秀な学生を企業に推薦するために使われますが、近年では内定辞退防止策の一環として使われるケースが増えており、問題視されています。
内々定後に推薦状を提出させることで、学生が内定を断りにくくなり、他の企業の選考結果が出ていない段階で入社を決めなければならず、学生の就活における自由を奪っていると指摘されているからです。

後付け推薦で推薦状提出後の内定辞退は可能か?

内々定後に推薦状を提出した後は、内定辞退は可能なものの、企業や大学に大きな迷惑がかかります。
企業は大学に対して推薦枠を確保している場合もあり、推薦状を出した後に辞退すると、企業が来年以降その大学から採用しないなど、大学側が損失を被る可能性があるからです。

こうした事情もあることから、企業に推薦状を提出する際は慎重に考え決断した方が良いでしょう。
提出先が第1志望であれば問題ありませんが、他に志望企業がある場合は一旦提出を待った方が良いです。

もし、提出後に内定を辞退したい場合は、大学側に相談した方が良いでしょう。

後付け推薦を求められた時の対策

ここでは後付け推薦を求められたときの対策として、以下の2つを紹介します。

・大学側に相談する
・企業への返答期限を延長する
・志望度が低ければ辞退
・就職支援課やハローワークに相談する

後付け推薦を求められたら、上記対策を参考に適切な対応を心がけましょう。

大学側に相談する

後付け推薦を求められたら、まずは大学側に相談してみましょう。

具体的な相談場所としては、大学のキャリアセンターやゼミの教授に相談にいくのがおすすめです。
他の学生で同様のケースがあるか把握できたり、大学側の見解を聞けるかもしれません。

後付け推薦に対する考え方は各大学によって異なり、「推薦状を出したなら入社すべき」という大学もあれば「推薦状後も辞退して問題ない」と考える大学もあります。

大学側のアドバイスに納得できなければ、他の方法で解決に臨みましょう。

企業への返答期限を延長する

企業への返答期限を延長することも、後付け推薦への対処法と言えます。

他企業の選考結果街の場合は、「他にも気になる業界の企業があり、その選考結果を待ちたい」など企業側が納得する理由をつけて返答期限の延長を打診してみてください。

企業も就活生が複数企業を受けていることは重々承知しています。
率直な思いを伝えれば、企業も柔軟に対応してくれるでしょう。

返答期限の延長を打診する場合は、具体的な延長期限を伝えることが大切です。
他企業の選考結果待ちであれば、その選考結果が判明する日を目安に期限を設定すると良いでしょう。

志望度が低ければ辞退

もし後付け推薦を求められた企業の志望度が低ければ、推薦状提出前に辞退するのも選択肢の1つです。
第1志望の企業が他にあり、その企業の選考に影響が出てしまう懸念があれば、辞退するのも良いでしょう。

ただし、企業も採用枠を確保しており、採用担当者が納得する理由で誠実かつ丁寧に辞退することが大切です。
せっかく内定をもらった企業なので、その企業のことを今一度調べ、辞退するのが適切かを慎重に考えて決断しましょう。

ハローワークや専門機関に相談する

ハローワークなど公共機関に相談する手段もあります。

ハローワークとは厚生労働省が管理する公共職業安定所のことで、就職に関する幅広いサポートを行っている公共機関です。
ハローワークでは就職支援に関する専門的な知見やノウハウを持ち合わせているため、後付け推薦の問題にも適切なアドバイスを提供してくれる可能性があります。

他にも労働相談を受けるNPO法人など専門機関も無料相談窓口を設置しています。
学生からするとハードルが高いように思われますが、雇用に関する専門的な知見を持ち合わせており、問題解決がスムーズに向かうことが期待できるでしょう。

後付け推薦でも内定が確実とは限らない

後付け推薦で推薦状を提出しても、確実に内定が獲得できるとは限りません。

推薦状提出後により優秀な学生が採用できたなど企業の諸事情で内定を取り消すこともあり得ます。
推薦状はあくまで大学側の書類であり、内定が確実となるわけではないため注意しておきましょう。

これだけは知っておきたいポイント(まとめ)

後付け推薦は、近年内定辞退防止を目的として行われており、問題視する声も上がっています。

もし企業から内々定などのタイミングで推薦状提出を求められたら、慎重に対応しましょう。
推薦状提出後に辞退してしまうと、企業・大学の双方に迷惑がかかってしまい、問題が大きくなる可能性があります。

企業の志望度を考慮し、他企業の選考結果待ちであれば、素直にその旨を伝え返答期限の延長を申請するのがおすすめです。
もし対応に不安を感じるようであれば、大学やハローワークなどの公共機関に相談しアドバイスをもらうのも良いでしょう。