こんにちは。理系就活情報局です。                         

就活はあらゆるツールを活用して情報収集し、効率的に進めることが肝心。そのために25卒の就活生が覚えておきたいのが、就活サイトの特徴と活用方法です。

今回は、就活サイトはそもそもどんなものなのかを丁寧に解説。そして、25卒が活用するべき就活サイトを深堀してお伝えします。25卒が覚えておきたい就活サイトと、実際の活用方法について、ぜひご参考ください。

25卒が覚えておくべき就活サイトとは?

まずは、就活サイトの種類とそれぞれの特徴について整理していきます。25卒の皆さんが活用できるサイトを見極めるために、基本的な特徴を掴んでおきましょう

就活の情報を得る、就活情報サイトや口コミ 

就活に必要な情報の収集をする場合は、就活情報サイトの活用がおすすめです。企業研究の材料になるレポートやニュース・就活日程はもちろん、企業説明会やエントリー情報まで確認できるサイトもあります。希望の業界に強いサイトや、信頼度の高い情報を提供するサイトを活用すれば、就活の強い味方になるはずです。

また、実際に企業で働いた社員の評価を確認できる、口コミサイトもあります。あくまで口コミですので参考程度に閲覧し、企業選定のひとつの情報として捉えるのが賢明です。充分に情報を精査したうえで活用することが、非常に重要だと言えます。

求人検索サイトや就活エージェント

求人検索サイトや就活エージェントは、企業へのエントリーに便利です。「リクナビ」「マイナビ」などの求人検索サイトでは、新卒に特化した企業掲載もあり、さまざまな企業にエントリー可能。企業の特徴などもまとめられているため、企業選定の助けにもなるでしょう。また、大手メディア以外には「理系」や「エンジニア」に特化したサイトもあり、希望する業界などにあわせて使い分けると就活で頼れるツールのひとつとなります

また、就活の企業選びから履歴書添削、面接のアドバイスなどをサポートしてくれる就活エージェントも人気のサービスです。キャリアアドバイザーが強みと弱みを客観的に判断し、就活を包括的に支援してくれます。自身での企業選定が難航した際に活用できるので、就活がある程度進んだ段階で利用するのがおすすめです。

オファー型就活サイト

25卒が今日から利用できるサイトには、オファー型就活サイトがあります。求人サイトでは求職者が応募する必要がありますが、オファー型就活サイトの場合は企業から声が掛かる仕組み。自身のプロフィールや研究分野などの情報を登録しておけば、ニーズがマッチした企業からオファーが届くサイトとなっています。

例えばオファー型就活サイトである「TECOFFER」は25卒の登録も可能。早くから登録することで、ゆるやかに就活に踏み出せます。登録者平均約20社からのオファー実績があるので、まずは登録して就活に飛び込んでみることも、良い準備となるはずです。就活を有利に進められるので、活用方法をしっかりと理解しておくと良いでしょう。

25卒が就活に向けて活用できるおすすめサイト

ここからは、25卒が覚えておきたい就活サイトをご紹介します。サイトの特徴を把握したうえで、ご自身にあったものをご活用ください。

dudaキャンパス

ベネッセがグループ運営するスカウトサービスのサイト。教育大手ならではのノウハウや自己分析ができることなどがサービスの強みとなっています。

リクナビ

リクルートグループが運営する求人検索サイト。新卒に特化したリクナビもあり、幅広い業種の様々な職種の仕事が閲覧可能です。掲載企業数の多さもサイトの魅力。

マイナビ

マイナビもリクナビと並ぶ、国内最大級の就活サイトのひとつ。マイナビ新卒では新卒向けの求人や情報が閲覧可能で、掲載企業も豊富です。

JOBRASS新卒

新卒向けのオファー型サイト。プロフィールを登録しておくことで、企業からのオファーを受け取れるのが特徴です。サイト内にて就活情報のチェックも可能。

就活会議

該当企業で勤務経験のある社員を中心とした口コミサイト。実際に勤務した際に感じた企業風土や雰囲気、長所・短所などを閲覧できる。

キャリタス就活

大手〜中堅企業まで、幅広い企業の求人閲覧が可能な求人サイト。インターンの検索もできるため、様々な場面で活用ができる。

OfferBox

キャリタスが運営するオファー型就活サイト。大手からベンチャーまで1万2千社以上の企業登録がある点が強味のひとつ。

インターンシップガイド

国内最大級のインターンシップに関する就活サイト。大学1年から利用できるため、25卒のうちから少しづつ閲覧しておくこともおすすめです。

25卒理系向け就活サイト

25卒の理系就活生には、理系向きの就活サイトを活用することがおすすめです。ここでは、理系向けの就活サイトをご紹介します。

アカリク  

理系学生と大学院生に特化した、利用学生累計15万人以上の求人サイトです。理系職種であるIT業界や製薬業界などを始めとした、幅広い企業求人の掲載があります。大学や研究機関・シンクタンクなどの求人掲載も参考になるでしょう。

理系ナビ

株式会社ドリームナビが運営する、理系学生向け就活サイトです。IT・研究職などを中心に、金融・一般職まで幅広い求人が掲載されています。大学の専攻を基にマッチする求人を探せる仕組みが、サイト最大の魅力です。

エンジニア就活

理系職種のなかでも、さらにITエンジニア職に特化した求人サイトです。プログラマー・システムエンジニア・コンサルタント職の求人が豊富で、インターン情報なども閲覧可能。志望が明確であれば、就活の強い味方となるサイトです。

TECOFFER

TECOCEANが運営する、理系学生と大学院生に特化したオファー型求人サイトです。理系専門職を中心に様々な業種の掲載企業があるほか、非公開求人もあるため就活を有利に進められます。25卒が今日から登録でき、オファーを受けられる点も大きな魅力です。

            

学部低学年から登録できる「TECH OFFER」

25卒の理系就活生が今日から活用できる、「TECOFFER」について解説していきます。登録するだけで企業からオファーが届く仕組みとなっていますので、まずはポイントを押さえることが大切です。サービスの概要を把握し、早めに登録しておくことがおすすめです。

早期に登録し準備しておく

就活中の大学生・院生がオファー対象となりますが、25卒の早い段階で登録も可能です。早期登録のメリットは、企業に認知して貰えること。就活の意識がある学生であることを企業側も把握できるので、声が掛かる可能性は必然的に高くなります

早期登録した場合も、経験にあわせて編集も可能。半年・一年ごとに登録情報を更新することで、幅広い企業の目に留まります。どのような企業があるか情報を少しずつ得られるので、まずは早めに登録しゆるやかに就活に飛び込むことがおすすめです。

登録者平均20社のオファー

「TECOFFER」では、登録者平均約20社のオファーが届きます。オファー内容は直接エントリーを促すもの以外にインターンへのお誘いなどもあり、少しづつ企業との距離を縮めることも可能。気になる企業からのアプローチがあれば、ゆっくりと方針や雰囲気を知ることで企業選定を進められます。

目安としては5〜6月頃は夏インターンのオファーが届き、12月から3月まで本オファーの声が掛かります。2月から3月はオファーのピーク。この頃までにしっかりとオファーを集められるよう、登録情報を充実させることが大切です。

安心のマッチングシステム

企業側は個別のプロフィールを閲覧しなければオファーできないので、必然的にマッチングしやすい仕組みとなっています。オファーは一斉送信不可となっており、「選ばれた特徴をもつあなた」に意思のある誘いのみが届くのも特徴のひとつ。また、適正なオファーかどうかを客観的に評価した★印を指標にでき、安心して利用を続けることが可能です。

登録時には「学部や専攻」「興味のある業界」「所有技術」を始めとして、「出身地」や「性格診断」も入力します。企業は登録情報のどこかに魅力を感じオファーし、登録者は企業が魅力的だと感じた部分を知ることも可能です。自分を客観的に把握しながら強味をアピールすることで、さらにマッチ度を高められるでしょう。

最短5分で登録が可能

「TECOFFER」の登録は非常に簡単で、最短5分でできます。学問分野の入力から始まり、画面の指示に従って入力を進めるだけ。まずは最低限の基本情報を入力し、就活を進めるなかで書き足すのも良策です。早期登録するだけで企業の目に留まりやすくなりますので、就活の第一歩として、まずは登録してみることをおすすめします

これだけは知っておきたいポイント(まとめ)

本記事では「覚えておきたい就活サイトと、実際の活用方法について」解説をしてきました。幅広い就活サイトの種類と活用方法をご理解いただけたのではないでしょうか?

では最後に、重要なポイントを整理しておきます。

・25卒が覚えておくべき就活サイトとは?

 ①就活の情報を得る、就活情報サイトや口コミ 

 ②求人検索サイトや就活エージェント

 ③オファー型就活サイト

・25卒が就活に向けて活用できるおすすめサイト

 ①dudaキャンパス

 ②リクナビ

 ③マイナビ

 ④JOBRASS新卒

 ⑤就活会議

 ⑥キャリタス就活

 ⑦OfferBox

 ⑧インターンシップガイド

・25卒理系向け就活サイト

 ①アカリク  

 ②理系ナビ

 ③エンジニア就活

 ④TECOFFER            

・学部低学年から登録できる「TECOFFER」

 ①早期に登録し準備しておく

 ②最短5分で登録が可能

 ③登録者平均20社のオファー

 ④安心のマッチングシステム