こんにちは。理系就活情報局です。

アカデミアには、さまざまなポストがあります。
何となく知っているつもりでも、教授や准教授以外のポストの違いがよく分かっていないという理系学生の方も多いのではないでしょうか。

一口に「先生」と呼んでいても、ポストによって内情は異なります。

本記事では、アカデミアの中でも「特任教授」に注目します。

大学職員としてのキャリアを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

特任教授とは? 

特任教授とは、大学に一定期間の任期つきで雇用された教員です。
「教授」や「先生」と呼ばれ、研究だけでなく教育にも携わります。

教育・研究上で雇用の必要が認められたポストであり、労働条件について特例の扱いをすることを条件として採用されます。

定年退職後に再雇用される場合も

特任教授は、大きく2つに分けられます。

定年退職後に再雇用される場合:定年を迎えた後も大学と合意して研究を続けることを希望した特任教授

特定のプロジェクトのために、定められた期間雇用される場合:専門分野で優秀な業績を挙げたことを評価されるなどして就任した特任教授

名称は大学によって異なる

特任教授は、法律や省令などによって定められたポストではありません。
そのため、具体的な定義や呼称は大学によって異なります。

たとえば、熊本大学は特任教授を以下のように定義しています。

特任教授等の名称を付与できる者は、次の各号のいずれかに該当する者のうち、本学における職務を本務とする者で本学において引き続き3月以上、専攻分野について教授、准教授、講師又は助教(以下「教授等」という。)に準ずる職務に従事するものとする。ただし、客員教授、客員准教授、客員講師又は客員助教の名称を付与されている者を除く。

(1) 国立大学法人熊本大学職員就業規則(平成16年4月1日制定。以下「職員就業規則」という。)第2条第4号に定める有期雇用職員
[国立大学法人熊本大学職員就業規則(平成16年4月1日制定)第2条第4号]
(2) 職員就業規則第2条第5号に定める無期転換職員
[職員就業規則第2条第5号]
(3) 職員就業規則第2条第7号に定める個別契約職員

(引用:熊本大学「熊本大学特任教授等選考規則」

一方、信州大学は、「特別特任教授」を下記のように定めています。

第2条 特別特任教授は,高度な研究プロジェクト又は大学活性化事業プロジェクトの統括及び研究を行うことにより,本学の教育研究活動の一層の推進及び活性化に資することを目的とする。
(資格)
第3条 特別特任教授として雇用することのできる者は,次の各号のいずれかの能力を有し,その職務を担当することができる者とする。
(1) 世界レベルでの顕著な研究業績を有し,文部科学省その他国の機関による教育研究拠点形成プロジェクト又はこれに準ずる研究プロジェクトを計画実施し,及び統括することができる者
(2) 教育,国際学術交流,産学官連携,地域貢献等の顕著な事業実績を有し,文部科学省による大学教育等支援に係る補助金事業又はこれに準ずる大学活性化事業プロジェクトを計画実施し,及び統括することができる者

(引用:信州大学「信州大学特別特任教授規程」

教授・客員教授・名誉教授の違い

「特任教授」の基本的な情報を解説しました。

教授と付くことから、特任教授は「教授」や「客員教授」「名誉教授」としばしば混同されます。

そこで、以下ではそれぞれの違いについて簡単に説明します。

教授

教授は、専攻分野の研究を行うほか、学生への講義や指導、専攻分野の研究を行う常勤教員を指します。

アカデミアにおけるポストのトップであり、研究者が最終的に目指す立場です。
一般的には、助手→助教→講師→准教授→教授とステップアップしていく流れになります。

教授になると、大学の運営に携わることもあります。

客員教授

客員教授とは、大学で一定期間、非常勤で教授として雇用された教員を指します。
特任教授と同様に、法令で定められたポストではありません。そのため、客員教授は博士号を持っていなくても就けます。

例えば、特定の分野で著名な有名人を大学に招く時に、客員教授という形で採用することが代表的な例です。
「芸能人や作家・漫画家といった文化人が客員教授に採用された」というニュースを耳にしたことがある人も多いと思います。
客員教授は、大学を宣伝する広報的な側面も持ち合わせていると言えるでしょう。

名誉教授

名誉教授は、教授や客員教授、特任教授とは異なり、アカデミアのポスト名ではありません。

名誉教授とは、文字通り大学で特に大きな功績を上げた人に、主に退職後に授与される称号です。

名誉教授とはあくまで称号でありポストではないため、雇用には直結しません。

特任教授になるには?方法と仕事内容を解説

特任教授になるための方法について、以下の2点を解説します。

・採用方法は公募が一般的
・仕事内容は研究や教育

採用方法は公募が一般的

特任教授になるためには、公募に応募するのが一般的な流れです。
定年後に再雇用される特任教授の場合は、定年までの在籍期間中に優れた業績を上げる必要があります。

特任教授の公募は、研究人材のためのポータルサイト「JREC-IN Portal」や各大学・各学会のHPなどに掲載されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

特定のプロジェクトに参加するために雇用される特任教授の場合、博士号だけでなくそのプロジェクトに携われる専門知識や業績を持っていることが条件になります。

仕事内容は研究や教育

特任教授の仕事内容は、研究と教育です。

特定のプロジェクトに参加する場合は、その研究に従事し、研究結果を論文として形にすることが主な仕事となります。

教育面では、参加するプロジェクトや専門分野の講義を行うほか、学生の指導も担当。講義や実習だけでなく、卒業論文の指導をすることもあります。
常勤ではないため、基本的に大学教授のように大学の運営に携わることはありません。

特任教授の働き方とキャリア

特任教授の働き方とキャリアについて以下の2点を解説します。

・裁量労働制
・実績次第では大学のポストに就く道も

裁量労働制

雇用する大学の就業規則にもよりますが、特任教授もほかのポストと同じく裁量労働制で働くことになります。

常勤ではないので勤務日は少なく設定されますが、特任教授は研究だけでなく教育も担当するため、研究の時間が取れない場合には所定の勤務時間を超えて働くことも想定されます。

実績次第では大学のポストに就く道も

特任教授は教授とは異なり、期間の定め付きの雇用です。

定年退職後の再雇用で特任教授に就任した場合は、契約更新されずに退官となることもあります。

特定のプロジェクトのために雇用された特任教授の場合は、プロジェクトで上げた実績によっては、契約更新や大学のポストに就ける可能性が見えてきます。

雇用期間が決められている特任教授ですが、実績次第ではキャリアアップも見込めるポジションです。

これだけは知っておきたいポイント(まとめ)

この記事では、「特任教授って何?ポストの概要や仕事内容を解説」について解説してきました。

重要なポイントをおさらいします。

・特任教授とは?
 ①任期ありで雇用される教授職
 ②定年退職後に再雇用される場合も
 ③名称は大学によって異なる

・教授・客員教授・名誉教授の違い
 ①教授
 ②客員教授
 ③名誉教授

・特任教授になるには?方法と仕事内容を解説
 ①採用方法は公募が一般的
 ②仕事内容は研究や教育

・特任教授の働き方とキャリア
 ①裁量労働制
 ②実績次第では大学のポストに就く道も