リスト株式会社 _総合職_ 最終選考通過(内定) のインターン・ES・本選考体験談

目次

  • インターンシップ体験談
  •  インターン参加内容
  • 本選考エントリーシート
  • 本選考体験談
  •  選考概要               
  •  参加したイベント   
  •  二次面接
  •  最終面接
  •  内定後

投稿者情報
ニックネーム: 東京の学生
東京都市大学/都市生活学位部都市生活学科/21年

選考企業情報
企業名(正式名称): リスト株式会社
職種: 総合職
インターン参加: 短期インターン参加
最終選考結果: 最終選考通過(内定)

インターンシップ体験談

 インターン参加内容

インターンシップ名:夏のインターンシップ

エントリーシート提出の可否:不要

インターン参加企業を知ったきっかけは何ですか: 先輩の紹介

どういった基準でインターンを選びましたか。また他にどんなインターンを受けていましたか。
自分が興味のあり業界、業種の中で①現場社員と話す機会があること②実務に近いグループワークができることを基準に選びました。
リスト株式会社のインターンは実施日が早く、会社のことだけではなく就活セミナーのような側面もあったため参加しました。

このインターンを受けるにあたり特に工夫したことはありますか。      
積極的に取り組むように意識しました。社風から積極性やバイタリティのある学生とマッチする傾向があったため自分の素を出しながらも積極性をアピールできるよう意識しました。またESの提出はなかったものの自分がこれまで取り組んできたことを整理し話せるように準備しました。

ンターンを受けるにあたって事前にやっておけばよかったと思うことがあれば教えて下さい。
特になし

実施日程:8月上旬

実施場所:本社

インターンの形式:グループワーク       

インターン期間:4日間

参加社員数:全体で20名   

参加学生数:約20人           

参加学生の属性:建築学部に限らず様々 EX)文学部 経済学部 商学部 

インターンで取り組んだ課題・業務の具体的な内容
1日目は就活生としてあるべき姿、やるべきこと、マナーを教えていただき就活生としての下地を作ってもらいました。2日目からはチーム編成(希望性)ののち「新規事業立案」のワークを行い最終日には10分間の発表を行いました。

ワークの具体的な手順
中間発表、本発表の日時が決められそれまで各グループごとに自由にワークを進めました。

インターンの感想・注意した点
就活生として右も左もわからない中、就活生としての心得を教えていただき、リスト株式会社のおかげで就職活動のいいスタートを切ることができました。
4日間という長い時間ではありましたが楽しくあっという間なインターンシップでした。

懇親会の有無と選考への影響:なし

インターンシップ参加による、本選考での特典(一部選考免除)などがありますか。
一次選考免除

インターン中の社員との交流(技術系社員や人事など、どんな職種の社員かも併せて書いてください)
入社前の内定者の方々とは就職活動についてのお話や、入社の決め手などを話して頂きました。
また営業担当の若手社員の方には入社後のギャップややりがい、業務内容など実務について多くのお話をして頂きました。
人事社員とは求める人材像やインターンシップ期間中の自分のフィードバックを頂きました。

インターン前の企業・業務・社員に対するイメージ
熱血で体育会なイメージ    

インターン後の企業・業務・社員に対するイメージ
体育会系な雰囲気の中にも楽しさや柔らかさを感じました。若手からチャンスを貰える会社だと感じました。

本選考エントリーシート

エントリーシート提出期日:1月上旬

提出方法:マイページ上

質問: 当社を志望理由を教えてください。( 300字)

回答
【不動産業界で活躍するオールラウンダーな人材になることができる】と思い入社を希望いたします。
大学での街づくりの勉強を通し不動産開発には‛多角的な視点’‘時代の変化に対応すること’が必要だと思います。
貴社は、インターンシップを通しチャンレンジ精神と若手が成長できる環境があると感じました。
また、仲介事業やPM事業など幅広い業務ができることで、ヒアリング能力や利用者・運用・管理の多角的な視点が身に付くと感じました。
そこで、幅広い業務を通しノウハウを身に着け、不動産業界のあらゆる場面で活躍するオールラウンダーな人材になります。
また、様々なノウハウや多角的な視点を活かし開発事業で貴社に貢献していきます。

質問: あなたが学生時代に最も力を注いで成果を上げたことはなんですか。 (300文字)

回答
【学部新入生190名が参加する宿泊オリエンテーションを企画し、9割の満足度を頂いたこと】です。
約1年間の準備期間のなか学生統括として、大学職員・旅行会社・教員と話し合い、予算や学生スタッフの要望に応えながら企画していきました。
準備期間が長いなかで引率学生スタッフと密にコミュニケーションをとり、モチベーション、チームワークの向上にも努めました。
その結果、研修に参加した新入生から「次年度スタッフとして参加したい。」と声を頂くなど9割の満足度を得ることができました。
このような結果の要因として、大学が求める学びの部分をくみ取りつつも、参加する新入生を第一に考え学生目線を大切にしたことだと自負しております。

質問:あなたがお持ちの免許や資格、特技や趣味はなんですか。(200字)

回答
趣味は横丁や居酒屋街で2週に1度飲むことです。
その場所ならではの個人経営のお店で飲むことで、お店の人や地元の人とコミュニケーションをとることができます。時には年上の方から人生観を聞くことができ勉強になっています。
特技は人と関わっていく中で分かるパーソナリティから人の兄弟姉妹関係を当てることです。
資格は商業施設を保有し、店舗デザインやテナント構成など商業施設における総合的な知識を身に着けました。

質問自己PR (200文字)

回答
『相手が求めていることをくみ取り、行動に移すこと』です。
この強みはブライダル部門でのアルバイトで磨かれ、発揮されました。
お客様に心地良いサービスを提供するため、お客様の会話や様子に意識を向け、今必要としている事をくみ取り行動しています。
その結果「担当で良かった」と言って頂き、お客様満足へ繋げることができました。
また、この強みはグループワークやサークル活動など人と関わる様々な場面で活かされています。

各質問項目で注意した点
各問のエピソードはリーダー経験を中心に書きました。他学生にもよくあるエピソードのため、より具体的に数字を交え、自分の言葉で詳しく書くことを意識しました。

結果通知時期:4~5日以内

結果通知方法:マイページ上

本選考体験談

 選考概要               

選考先に興味を持ったきっかけは何ですか?
先輩の紹介

どういった基準で企業を選びましたか?また他にどんな企業を受けていましたか?
不動産開発ができる会社。他にはパルコや住商アーバン開発など商業ディベロッパーと、総合ディベロッパーを受けました。リスト株式会社は仲介業務が中心であるものの開発業務にも力を入れ、若手から挑戦できる風土があったため選考を受けました。

他社と比べてこの企業の魅力はどんなところだと思いますか?
若手のうちからチャレンジする機会がある点。

選考応募時に職種別選考になっていましたか?どのような職種別に分けれていましたか?
なし

選考中に配属先等の希望について確認するプロセスはありましたか?タイミングと希望項目について教えてください。
なし

あなたが受けられた選考フローについて教えてください。
二次面接 最終面接

この企業を受けるにあたり特に工夫したことはありますか。
大手のディベロッパーとリスト株式会社のを比較し、それぞれの魅力を整理することで「なぜリスト株式会社に魅力を感じたのか」を明確にしました。また入社後にやりたいことを明確にし面接で話せるように準備しました。             

各選考を受けるにあたって事前にやっておけばよかったと思うことがあれば教えて下さい。
特になし

この企業の選考を受ける後輩の皆さんへのメッセージをお願いします。
失敗を恐れずに積極的にチャレンジして頑張ってください。

 参加したイベント   

イベント名:夏のインターンシップ

注意した点・感想
就活生として右も左もわからない中、就活生としての心得を教えていただき、リスト株式会社のおかげで就職活動のいいスタートを切ることができました。4日間という長い時間ではありましたが楽しくあっという間なインターンシップでした。

              

 二次面接

面接名:二次面接

実施時期:1月中旬

面接時間:1時間 

面接会場:本社

面接官の人数:1人

面接官の特徴(役職・肩書き・入社年次など):部長

学生の人数:1人

会場到着から選考終了までの流れ
受付後待合室に案内、選考場所に案内

質問内容
自己紹介 自己PR 学生時代に力を入れて取り組んだこと なぜいまの大学に入ったのか なぜ不動産業界を志望しているのか 入社してやりたいことは何か 商業施設士は取得しようと思ったきっかけ/どのような資格なのか 逆質問(順不同)

雰囲気:とても柔らかく面談のような雰囲気だった

注意した点・感想
逆質問のじかんが多いと聞いてたので、質問したいことや疑問点をまとめて面接に臨みました。

結果通知時期:1週間以内

結果通知方法:電話

 最終面接

面接名:最終面接

実施時期:2月中旬

面接時間:40分    

面接会場:企業オフィス(本社)

面接官の人数:1人

面接官の特徴(役職・肩書き・入社年次など)
グループ会社社長

学生の人数:1人

会場到着から選考終了までの流れ
受付後待合室に案内、選考場所に案内

質問内容
自己紹介 自己PR 大学ではどのようなことを学んできたか/なぜッ子の大学を選んだのか なぜ不動産業界を志望しているのか なぜ当社を志望しているのか ゼミではどのような取り組みをしてきましたか 入社後実現したいこと/やりたいことはありますか 逆質問 (順不同)       

雰囲気:とても和やかな雰囲気でした

注意した点・感想
2次面接でうまく答えられなかった点をも言う一度見直し、整理しました。また、グループ会社の社長との面談だったので、これからの会社の方針や事業について会社の未来の姿が分かるような質問をしました。最終面接でしたが雰囲気も和やかでとてもやりやすかったです。

結果通知時期:2~3日以内

結果通知方法:電話

 内定後

内定時期:2月中旬              

承諾検討期間:2か月

承諾/辞退:辞退

承諾/辞退理由:業界

承諾/辞退理由の詳細
より強く志望していた企業から内定を頂いたため         

  • 監修
    株式会社テックオーシャン
    人工知能やビッグデータを駆使し、理工系人材領域における採用ベストマッチングを生み出すHR Tech企業です。 理工系学生専門のオファーがもらえる就活サービス「TECH OFFER」と、大型イベントから1on1面接まで、気軽に企業と出会えるカジュアル就活サービス「TECH MEET」を運営しています。