内定者インタビュー

INTERVIEW

やれることはやって巡り合うことの出来た就職先

21年卒

長嶋 勇樹さん

山口大学

理学部生物化学科

株式会社コロナ

今回お話を伺ったのは山口大学に所属する長嶋 勇樹さんです!
「お金持ちになりたい」という大きな目標を掲げた長嶋さんの就活とは・・・

ー初めまして!今そちらは学校ですかね!?お忙しい中お時間をいただき本当にありがとうございます、よろしくお願いします!

こんにちは、はい、今学校にいて授業の間をぬってこちらに参加させてもらってます!こちらこそよろしくお願いします!

ーそうしましたら早速ですが、今学校ということですが、学生生活も終盤に差し掛かっているかと思いますが、長嶋さんはどのような学生生活を送られてきましたか?

好きなことは何でもしたし、そのためにもずっと動き回っていましたね。趣味が旅行とマージャンでして、特にここに時間を使いながら、同時にアルバイトもしまくってました!山口大学の周りは食べ物とかお酒は美味しいんですけど、正直遊ぶような場所は何もないんですよね(笑)それでも仲間、周りの環境に本当に恵まれとても楽しい学生生活でしたね。

ーなるほど、確かにイメージはそのようなものかもしれません(笑)ずっとお住まいもそちらなんですか?

いえ、出身は福岡県になります。高校時代に比較的化学を得意としていて、当時化学を教えてくれていた恩師の影響もあり、理学部に行きたいと考えるようになりました。そこで自分の学力に一番近い学校が山口大学で、ここに進学したということになります。だから元が福岡ということで、山口に来たときは結構ギャップを感じたのですが、せっかくの学生生活ですしできることは何でもしようと思って、週8、9とか1日のうちにアルバイトをはしごするくらいにお金を稼いだり、そのお金で車を買って、その車で仲間とドライブに行ったりしていたという感じです!

ーすごいですね!週8、9でアルバイトして大学生ながら車を購入するくらいには学生生活は充実していたし、自分自身で作り上げた学生生活ということですね!
恩師の影響で理学部に進学したということですが、大学での勉強も順調に行えたのですか?

それがですね、高校時代の勉強と比べ全然難しくて、ついていけなくなって挫折してしましました。ですので勉強の方はぼちぼち進めていって特に誇れるようなものはなく、本当にやりたいことをやるだけやったといった学生生活ですね(笑)

ーそうですか、確かに大学に上がると専門性が求められる領域の勉強に変わっていきますもんね。長嶋さんの学生生活についてはとても楽しくお聞かせいただいたのですが、就職活動ももちろんされて株式会社コロナに入社が決定したかと思いますが、就職活動はいつごろから始めたのですか?

これが本当に駄目なんですけど、4年生になる前の3月から始めました。正直就職活動について深く考えていなくて、経団連の就活解禁と同時に始めた感じです。ただもちろんやばいなと感じて、とりあえずできることからやっていこうということでナビサイト経由で企業説明会に参加していきました。ただ自分の中で「お金持ちになりたい」という気持ちが強くあって、そのためにがむしゃらになれそうな企業となかなか出会えませんでした。有難いことに4月中に1つ内定をいただいたのですが、そこもそのような理由で辞退させていただきました。

ーそうですね、確かに3月となると結構周りもほとんどの方が就職活動を始めていますもんね。ただそんな中でもできることから始めていったかと思いますが、どの様な経緯で株式会社コロナに出会ったのですか?

4月に内定をいただいたタイミングとほぼ同時期にTECH OFFERを知りすぐに登録しました。ただその時点では「お金持ちになりたい」という考えから、それに少しでも近づける環境を探していて、保険会社とかを中心に見ていたので、TECH OFFERは使っていませんでした。しかし、自分の甘さも大きく関係し保険会社とかはESで落とされたり、1次面接が通っても、次で落ちてしまったりと少し不安を覚えた期間もありました。ただそれでも切り替えて、シンプルにその企業と合わなかったと考え、次へ次へと行動に移していきました。そして6月にTECH OFFERを久しぶりに使ってみたところ、使い始めた時期も遅いのにもかかわらず5、6社からオファーが来ていてそのうちの1つのオファーを受諾したのですが、そこが株式会社コロナでした。

ー先程から長嶋さんのお話を聞いていて、長嶋さんの切り替え力と言いますか、柔軟性、対応力には驚かされます!それでは、最終的に株式会社コロナにどの様な理由で入社を決めたのですか?

まず株式会社コロナからのオファーを受諾した理由ですが、知っている会社だったということと業界内では知名度が高いということから、もっとも私の考えを実現するのに近しいと考えたからです。そこからは本当に会社全体の雰囲気の良さ、社員さんの人の良さに惹かれ、助けられたといった感じです(笑)というのももちろん面接を通じて会社のことも知っていけたのですが、それとは逆に担当者の方が自分にしっかり興味を示してくれたのが嬉しかったです。
例えば、冒頭に話したマージャンの話とかってやっぱりイメージ的に良くなくて、ただそれでも株式会社コロナの担当者はそれを真摯に聞いてくださり、ありのままの自分を否定もせず、いつか一緒にマージャンやれたらいいねと声をかけてくださり、気が合いました。また、お気づきだと思いますが社名の影響でこの時期はあまりいい意味ではない形で世の中で有名になってしまったのですが、それでも会社全体の意向として「社員は財産」とはっきり示し、会社全体で協力して動いている姿にもとても惹かれましたね!実際にそれが新聞記事として取り上げられてもいましたし!このような経緯で自分は株式会社コロナへの入社を決めました!

ー長嶋さんの行動力が偶然の出会いを生み、とても雰囲気のいい会社で今後、長嶋さんの「お金持ちになりたい」という目標に全力で取り組めるのは素晴らしいですね!株式会社コロナではどんなことに挑戦したいですか?

まずは掲げた目標に対しがむしゃらに突き進みながら、私自身理系学生ではありますが、営業職の一員として、様々な製品をより多くのお客様に届けられるように、努力が実らないことはあると思いますが、やれることはやれるだけやっていきたいと思います!行く行くは社長とかも目指したいです(笑)

ー常に大きな目標を掲げ、それに突き進む長嶋さんを応援しています!
最後にこれから就職活動を迎える学生にメッセージをお願いします!

現在世の中がこのような状況ですが、上手くいかないこともどうにかなります。ただそれもどうにかするために、やれることはやってあとは待つだけです。自分も就職活動を上手くやっていったかと言われれば違うかもしれませんが、やれることはやり、TECH OFFERを通じて偶然巡り合った会社が株式会社コロナだったわけです。ですので、上手くいかないことがあっても、それは誰にしてもあることなので、止まらずやれることはやるだけやって自分でどうにでもなるようにすることが1つ大切になるかと考えています。つまり目の前の課題に対し柔軟に対応していってください。皆さん頑張ってください!

トップページに戻る