福岡ソフトバンクホークス株式会社_総合職_採用選考1次選考通過のES

目次

  • 本選考エントリーシート

投稿者情報

ニックネーム:mon

九州工業大学大学院/生命体工学研究科/21年

選考企業情報

企業名(正式名称):福岡ソフトバンクホークス株式会社

職種:総合職

インターン参加:参加していない

最終選考結果:1次選考通過

本選考エントリーシート

エントリーシート提出期日:3月中旬

提出方法:マイページ上

質問:学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容は何ですか?(100~600字)

回答

私はこれまで高専から大学院まで電気電子工学を専門に学業に取り組んできました。研究活動は、大学時代に電気自動車のリチウムイオン電池の劣化防止を目的とした、電気二重層キャパシタを用いたハイブリッド電源システムに関する研究を行っていました。大学院進学後はモータ制御をしてみたいという思いからFPGAを用いたモータ制御開発環境の構築に取り組んでいます。この研究では近年複雑かつ大容量化するモータ制御プログラムの処理に高速並列演算が可能なFPGAを用いることでリアルタイム性の高いモータ制御を行うとともに、内蔵CPUで動作するGUIを開発し、データ解析の効率を向上させることを目指しています。

質問:学生時代に最も打ち込んだことは何ですか?なぜそれに取り組みましたか?(200~600字)

回答

大学時代に最も力を入れて取り組んだことは学業とサークル活動の両立です。私は大学院進学を志望しており、大学で専門科目をより深く学んでおく必要があると考えました。それと同時に小学校から始めたテニスを今後も続けたいと考え、テニスサークルに入会しました。サークル活動と学業の両立のために、私は日々のスケジュール管理を徹底しました。講義課題や日常生活でのタスクを所要時間や期日で分類し、講義の合間や休み時間にそれらを振り分けて確実に消化していくことで、学業とサークル活動に充てる時間を確保しました。その結果、在学中はサークル活動に一度も休まずに参加でき、2年間後輩に技術的な指導をするコーチとしてサークルに貢献できました。学業では学科を首席で卒業し、志望大学院に推薦で合格することができました。また、卒業研究においてもスケジュール管理を徹底して取り組んだ結果、研究目的を達成し、卒業研究発表会で優秀発表賞をいただきました。この経験から目的達成への計画力と、その計画を完遂する精神力を得ることができました。貴社の業務においても目標に向かって計画的に努力を続けられる強みを活かせると考えています。

質問:当社に入社してどのようなことに取り組みたいですか?そのように考える理由はなぜですか?(200字~600字)

回答

私はこれまで学んできた電気電子工学や情報工学の知識を活かして、お客様に安心安全かつ快適に試合を観戦していただける球場づくりに取り組むとともに、ソフトバンクグループの情報革命で人々を幸せにという経営理念に基づいた、お客様の感情を揺さぶるサービスを提案したいです。現在、福岡paypayドームには閉会式の屋根や世界最大規模のビジョンなど、大電力を要する設備が多数あり、その電力を賄うための受変電設備や緊急時の無停電電源装置などの保守も日常の業務として行われています。そうした中で直接自分が点検をするわけでなくても、電気電子の知識がある私が仲介をすることで業者の方々とのやりとりがスムーズになり、安心安全な施設管理に貢献できると考えます。また、私は最新の移動通信技術である5Gを活用したリアルタイム性の高い観戦システムを実現したいと考えています。福岡paypayドームにはトラックマンという弾道計測器が設置されており、投手が投げた球の球速や回転数、打者の打球速度や飛距離を正確に測定することができます。私はこのトラックマンで取得したデータを5Gを利用して球場内のお客様に配信することで、新たな観戦スタイルと興奮を提供できると考えます。安心安全な施設管理に努めるとともにこれまでにないサービスを提供することで、さらに愛される球団づくりに貢献していきたいです。

結果通知時期:1か月以内

結果通知方法:マイページ上

  • 監修
    株式会社テックオーシャン
    人工知能やビッグデータを駆使し、理工系人材領域における採用ベストマッチングを生み出すHR Tech企業です。 理工系学生専門のオファーがもらえる就活サービス「TECH OFFER」と、大型イベントから1on1面接まで、気軽に企業と出会えるカジュアル就活サービス「TECH MEET」を運営しています。