就職活動で意識しておきたい3つの観点

目次

  • 意識したい3つの観点
  • 3つの観点を使った自己分析
  • 3つの観点を使った企業分析
  • 自分と企業の心技体の比較
  • まとめ

今回は、理系就活での自己分析と企業研究についてお話しています。

マッチングのポイント、3つの観点について具体的に丁寧に解説しています。

理系学生のみなさん、是非、就職活動にお役立てください!

意識したい3つの観点

まず、理系就活で必ず意識しておきたい3つの観点についてお話します。それは「心」「技」「体」この3つです。この3つの観点で整理をしていく方法は、就活だけでなく自分自身が何か大きな判断をするときにも使えます。
例えば自分がどういう人と結婚するかなどもマッチングなので、そのような場面でもこの3つの観点は役に立つと思います。

3つの観点を使った自己分析

まず、「心、技、体」の3つの観点で自己分析を行ってみましょう。

自己分析の「心」

まず自分自身の「心」を整理していきます。

「心」とはつまり、

自分が大切にしてるマインド 

自分が大切にしている考え方 

自分の理念 

のことを指します。

自分の限りのある命の中で、就職というとても大きな時間を使っていくものに、自分はどういう心構えで仕事にあたっていきたいか、どのように自分の人生をつくっていきたいのか、どういう事を大切にしたいのか、などの点を書き出してみましょう。
一方で、こういったことは許せない、だから自分が直すというような事でも大丈夫です。

自己分析の「技」

次は「技」です。この「技」は技術の「技」です。

自分自身の技術、専門能力、知識、技術的な背景などや、文系の人にはわからないような技術的な用語であったり、概念を理解できるというのは理系ならではの「技」であると言えます。また本質を追究していくという姿勢が理系ならではのアドバンテージと言えます。
業務遂行能力がどのようなものであるかや、論理的思考能力物事を因数分解して考えることができる能力も「技」としてあります。

この「技」の部分を企業がどのくらい求めているのかをみてみて、自分の技術の照らし合わせて考えていくことが就職活動となります。

自己分析の「体」

この「体」の部分は、人間性体力性格キャラクター感情部分適性などを一つ一つ書き出して整理することが自己分析となります。

3つの観点を使った企業分析

次に「心、技、体」3つの観点を使って企業分析をしてみましょう。

企業分析の「心」

企業の「心」は企業理念や企業が目指しているものコーポレートミッションキャッチフレーズなどがそれにあたります。また、企業のDNAの確認も重要です。企業のDNAとはその企業の成り立ちであったり沿革ことをいいます。

企業分析の「技」

企業分析の際の企業の「技」は、応募の職種で求められている技術はどんなものなのかという確認が必要です。またその技術はどのくらいの能力が求められているのかもチェックする必要があります。
素養レベルでいいのか、あるいは理系であればいいのか、やる気があればいいのかなどのレベル感も職種によって異なるので確認が必要でしょう。

また、その企業の技術力事業の成長性も確認をします。業績のいい会社でどんどん伸びている企業に入った場合、成長度合いも速く、給料も上がっていきます。
しかし全体的に右肩下がりな斜陽産業ですと、頑張ってもなかなか給料が上がらないこともあります。
その企業の立ち位置なども経済的な観点でも確認しておく事も、「技」の中に入ります。

給料待遇面も問題ないか、自分が求めているものと合致しているか、他の業種業態と比べてどうかなども見ていきます。あと会社の信用力などの確認も大切です。

企業分析の「体」

企業で働いている人のキャラクターフィーリング、どんなマインドの人が多いのかなどの性質は企業によって大きく異なります。

例えば官公庁で働いている人と民間企業で働いている人は違いますよね。民間企業の中でも、重厚長大やインフラ系の企業で働いている人と、ITなどのスピードの速い業界で働いている人は考え方性質性格も違うと思います。

自分自身のタイプと企業の事業スピードや裁量が自分が求めるものと合致しているかの確認もしてきます。

あとは体力てきな部分です。若いうちはいいけど5年10年立っていくとそればかりやっているわけにはいかないということもあります。

自分と企業の心技体の比較

自分と企業に分けて心技体の整理が終わったら、自分と企業の心技体を相互に照らし合わせてみます。

企業と自分自身の心技体の合致具合をみて企業を探していくことが必要です。

採用選考で提出するエントリーシートでも心技体の整理を活用しましょう。

例えば、自分のやりがいを感じる部分を書いてくださいというの欄には自分の心と体の部分を書き、研究概要の欄には自分の技の部分を書くなど、どこに自分のどの部分を書くのかを考えて書きましょう。

選考においては自分自身の心技体を満遍なくしっかりと相手に伝えることができるようにしておきましょう。

まとめ

物事の整理・分析をするのは他にも色々な方法があると思いますが、まずはこの3つの観点から考えてみましょう。

3つの観点から考えることでしっかりと企業とのマッチ度を図ることができます

理想としては夏のインターンシップ等に参加して、秋までには3つの観点から自己分析・企業研究ができていればいいと思います。秋以降の企業説明会ではこの観点から企業とのマッチ度を図れるようになりましょう。

  • 監修
    株式会社テックオーシャン
    人工知能やビッグデータを駆使し、理工系人材領域における採用ベストマッチングを生み出すHR Tech企業です。 理工系学生専門のオファーがもらえる就活サービス「TECH OFFER」と、大型イベントから1on1面接まで、気軽に企業と出会えるカジュアル就活サービス「TECH MEET」を運営しています。