内定者インタビュー Login

INTERVIEW

鳥取大学から岐阜県の建設会社に入社!

20年卒

村上 明 さんさん

鳥取大学

持続性社会創生科学研究科工学専攻

岐建株式会社

今回お話を伺ったのは鳥取大学大学院に所属する村上明さんです!
村上さんが地元や大学から遠く離れた地に就職を決めた理由とは…?

ー内定おめでとうございます!早速なのですが村上さんの経歴を教えてください!

ありがとうございます!私は兵庫県出身で中学までは県内の学校に通っていました。しかし、高校進学の際、地元の高校にあまり魅力を感じることができなくて、、、、、
そこで、偶然参加した岡山県の高校のオープンスクールにて人の多さや学校の規模に衝撃を受けたと共に、ここなら新たに様々な個性を持った人と出会うことが出来るのではないかと好奇心を刺激され、思い切って、実家から岡山の高校に通うことにしました!
その後は、3年間岡山の高校に通った後、高校の先生の勧めで鳥取大学を受験。合格し、そのまま学部を卒業後、大学院に進学。そして今に至ります!

ーどうして鳥取大を志望されたのですか?

実は、高校3年次あたりになっても理系に進むということ以外は何をしたいか、何を専門的に学ぼうか、が全く決められていなかったんです。ただ小さい頃から周囲に建設関係の仕事をしている人が多く、話を聞いて面白そうだったことから何となくインフラ系のことを学びたいなとは考えていました。そこで、高校の先生に相談したところ、土木やインフラ全般、社会システムまで広く学べる鳥取大学を提案してもらい、調べたところ、自分に合ってるなと思い、鳥取大受験を決意しました。

ーなるほど!それから現在に至るまでは鳥取にお住まいということですね。就職活動はどのように進めましたか?

就活は修士1年の時にサマーインターンだけ参加していましたが、本格的に就職活動を始めたのは少し遅めだったと思います。TECH OFFERやナビサイトに登録することから始めました!

ーTECH OFFERを使ったきっかけを教えてください。

研究室の先輩に勧められたことがきっかけです!
自己分析もしていましたが、何が企業にとって自分の強みになるのか知りたかったため、あらかじめ研究室の情報が登録されているという点が良いシステムだと思い登録しました。

ー使ってみていかがでしたか?

初めは本当に企業から連絡が来るのか不安に思っていましたが、オファーが実際に届いて自分の学びを評価してくれていることが分かったので、企業の方が自分のどこを評価してくださっているかがわかって嬉しかったです!
また、人事の方と直接話すことができたので安心感がありました。自分は企業の方と話した印象を大事にしていたので,
これはTECH OFFERのシステムで特によかった点です。

ー企業の方の話した印象を大事になさっていたんですね。

はい。これから働く会社を決めるということなので、面接官の方と対面でお話しさせていただいて、それに対して自分がその方にどういう印象を抱いたかということが自分にとってとても大切なことでした。

ー印象的な面接官の方はいらっしゃいますか?

これは、自分が入社させていただく岐建さんの話なんですけど、、、
岐建の面接官の方は面接が終わった後、面接とは関係のない雑談を気軽にしてくれたんですよ。他の企業だと面接が終わったらすぐに帰宅を促されることが多かったので、、、その分、面接後に雑談をフラットにしてくれた岐建の面接官の方にとても温かみを感じましたし、とても好印象を抱きました。

ー就職活動の中で大変だったことはありますか?

鳥取に住んでいたので、選考のたびに県外に出ていくのはとても負担でした。その点岐建は、筆記試験と面接を1日でまとめて実施してくれたので嬉しかったです。その後すぐに内定をいただけたこともあり、入社を決めました。

ー鳥取から遠く離れた岐阜県での就職を決めたことは村上さんにとって大きな決断だったのではないでしょうか。入社の決め手はなんだったんでしょうか?

岐建は地域密着型の企業であったことが大きな理由です!
もともと就職活動を始めた時からゼネコンを志望していました。
大手のゼネコンでは全国規模の事業が多いと思いますが、そのような企業では自分の作った建物がどんな風に人々に使われているのかを実際に確認するのは難しいと思います。事業が全国規模であるが故に担当の事業が終了したら、また他の場所へ移るといった形で全国を転々とするからです。その点岐建では転勤がほとんどなく、ずっとその地域に留まって働き続けることが出来るので自分の作ったものが地元の方々にどのように利用されているか見ることができます。自分が施工に携わったことを実感でき、また実際にその施設を使っている人の様子が見られるのでやりがいを感じられるのではないかと考え入社を決めました!

ーなるほど、地域密着型のゼネコンの中でも、あえて岐阜県を地盤とする岐建さんを選ばれたのはどうしてですか?

就活を始めた時、なん進路としてゼネコンということは決めてたんですけど、正直具体的には何も考えられていなかったんです。そんな時、TECH OFFERを通じて岐建からオファーが来ました。興味のある業界だったので詳しく調べてみたら自分がやりたいと思っていたことが実現できそうだと思い、即決しました!(笑)
なので、他の会社は全く見ていなかったです!早いうちに自分にアプローチをかけてくれた会社が自分にとっても、やりたいことが出来る会社だったので全く迷いはなかったです。そういう意味で、早い段階から理想の会社と巡り合えたことはとても運が良かったかなと思っています。

ー岐建さんからのオファーは村上さんにとっても最高のマッチングだったんですね!ちなみに、入社してからやりたいこととは何ですか?

こどもが遊べる公園をつくりたいなと思っています!私はこどもが大好きなので、学生時代にはこども向けのイベントサークルに所属していたり、学童保育のアルバイトをやっていたりしていました。しかし、サークルでこども向けのイベントなどをいくつか開催していくうちに、最近のこどもはゲームの普及などの影響でなかなか外で遊ばなくなってきていることに気づきました。それは、公園など外でこどもが思い切り遊べる場所の減少も少なからず関わってきているのかなと考えています。なので、こどもがもっと外で思い切り遊べる場所を提供するべく、将来的には行政も巻き込んで大規模な公園事業をやりたいです!

ーありがとうございます!では最後に、これから就職活動をする後輩に一言アドバイスをお願いします!

就活は最初は分からないことだらけなので、その不安からなかなか新しいことに踏み出せないこともあると思います。私も初めはTECH OFFERのような新しいサービスを先輩から勧められた時、使うことに抵抗がありました。しかし、思い切って登録した結果、今の自分にとって最良の企業と巡り合うことが出来ました。恐らく大手の就活サービスや大規模の説明会では出会えなかったと思います。なので、是非みなさんも、新しいサービスやイベントなどを敬遠せずに積極的に挑戦してみて下さい!

企業からオファーを受け取ろう!

新規会員登録

トップページに戻る