chat

INTERVIEW

TECH OFFERを利用して、内定を獲得した先輩の声を紹介します。

banner
logo
23卒

INTERVIEW

自分の専門に囚われない就活で、 第一志望企業の早期内定を見事獲得!

Y.T.さん

千葉大学
古河電気工業株式会社

tick

今回お話を伺ったのは、修士2年生のY.T.さんです。研究、部活、授業と忙しいY.T.さんが早期に第一志望企業の内定を獲得した方法とは...

ーこのインタビューでは、Y.T.さんの学生生活や就職活動、さらにTECH OFFERをご使用されたご感想についてお伺いしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いします!
avatar
よろしくお願いします!
ーまず、Y.T.さんの研究について教えてください。
avatar
研究テーマは、ニューラルネットワークの低電力化です。ニューラルネットワークには、計算をしたり、データを読み込んだりする際に大量の電力が消費されてしまうという問題があるので、それをどう低減していくかということを研究しています。
ーまさにいま世界的にニーズがある研究テーマですね!ちなみに、大学院へ進学したきっかけは何だったのでしょうか。
avatar
理由は3つあります。1つ目は、院を受験する時期にコロナの影響で初めての緊急事態宣言があり、この状況下で就職活動することに不安を感じたためです。2つ目は、所属している陸上部での活動をもう少し続けるための時間が欲しいなぁと思ったからです。3つ目は、ぶっちゃけた話ですが、院卒の方が就職で有利になると思ったことが決め手になっています。
ー現実的な理由から院進学という選択肢を取ったのですね!卒業までの期間はどのように過ごす予定なのでしょうか。
avatar
修論の作成に向けて英語の論文を読んだり、実験したりという感じです。あとは学会での発表があるので、その準備もしなきゃいけないですね。英語での発表、質疑応答もあるので今から緊張しています(笑)
ー日本語でも説明が難しいテーマなのに本当に凄いですね...!学会での発表、頑張ってください!では次に、就職活動について伺っていきたいと思います。Y.T.さんはいつ頃就活を始めたのですか。
avatar
まずは企業研究を修士1年の5、6月ごろに始めましたね。それから夏と秋冬のインターンに合計7,8社参加しました。元々情報系に就職しようと思っていたのですが、夏のインターンでは業界を絞らず、食品、金属、化学系、などいろいろ出していました。TECHOFFERでのオファーをみても、情報系の学部出身でもこういう業界に行けるのか、と思うことがあり、そのおかげで視野を広くして就活を進めることができていたと思います。あとインターンを経て、情報に進むよりも弊社の製品を実感できる方がやりがいがあるのかなと思うようになりました。
ー自分にとって最適な進路は何なのかということを、専門性に囚われずに考えられていたのですね。見習いたいです。そこから本選考に向けて企業の選定をしていったと思いますが、その際に基準にしていた就活の軸はありましたか。
avatar
はい、主に2つあります。生活を支える企業であることと生活の中で自社の製品を感じられることです。この軸と参加したインターンでの印象をもとに企業を絞った結果、1社のみとなりました。1月の終わりに始まった早期選考で内定を獲得し、2月の半ばには就活を終えることができました。
ーとてもスマートな就活ですね!研究や部活、授業と就活を日々こなすのは大変だったと思うのですが、どうでしたか。
avatar
修士1年の1、2月は人生一忙しかった時期ですね(笑)受験期よりも忙しかったです。朝起きて、研究の中間発表準備をして、その合間に就活をしていました。友達と話し合いながら進めた期末レポートが息抜きになっていました。自炊が好きだったのですが、そんな時間もなく、配達サービスを利用することが多くなり、お金も消えていきました(笑)
ー期末レポートが息抜きだったとは...!お忙しい中で、TECHOFFERが役立つことはありましたか。
avatar
はい!先輩からの招待コードがきっかけで使い始めたのですが、プロフィールの記入をするだけでたくさんオファーがくるようになりとても嬉しかったです。聞いたことのある企業からのオファーが来たときは正直驚きました。またオファーを通して、想像以上に自分の学んできたことが活かせる領域があるのだということが分かり、選択肢が広がりました。自分から探さなくても選択肢を広げることができるのはありがたかったですね。
ーオファーを通して様々な企業との出会いがあったのですね。たくさん選択肢があった中で、入社する企業を決めた理由は何だったのでしょうか。
avatar
取り扱っているものが電線、光ファイバーなので、人々の生活に影響が与えられるという点が自分の就活軸と一致していたからです。それに加えて、インターンやOB面談、インターン後の個人面談を通して社員の方々とお話する機会があったのですが、学生の話をとてもよく聞いてくれていると感じたのも決め手となっています。あとは本音を言うと、勤務地や年収などの条件が良かったからです(笑)
ーどの点も企業を選ぶうえで非常に重要だと思います。入社後は何をしたいと考えていますか。
avatar
研究テーマであるニューラルネットワークなどを使って工場の自動化をしてみたいと考えています。
ー学んできたことを社会で活かそうということですね。素晴らしいです。では最後に、就活を控えている学生に向けてアドバイスをお願いいたします。
avatar
理系学生の皆さんは、忙しくても夏からインターンに参加することをおすすめします。後々本当に楽なので!あとは、自分が気づかない領域で活躍できる企業が見つかることもあるので、TECHOFFERを利用するなどして、選択肢を広げるようにしてほしいなと思います。
ー本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました!
avatar
ありがとうございました!