内定者インタビュー

INTERVIEW

「可能性を広げたい」という思いで始めたTECH OFFERで納得内定!!

22卒

S.Gさん

私立大学院理系

日本電気株式会社

今回は、一つの業界に絞らずに幅広く就活をしたというS.Gさんにお話をお聞きしました。

ー初めまして!!本日は、学生生活や就職活動についてお伺いしたいと思います。よろしくお願いします!

よろしくお願いします。

ー早速ですが、大学生時代はどのように過ごされていましたか?

授業と、複数のサークル、アルバイトをしていました。サークルでは、中学で始めたスポ―ツや高校の時に興味を持ったスポーツに取り組んでいました。なるべく可能性を狭めずに興味を持ったことに挑戦し、興味が続いたものはその後も持続する、という性格なので、複数のスポーツを継続的に取り組んでいました。アルバイトやサークルに所属していたので、大学生活は、比較的予定も多く、忙しく充実した生活を送っていました。

ーそうだったんですね。理系は特に授業が忙しいイメージがありますが、他の活動も多数取り組まれていたのですね。大学での授業はどうでしたか?

所属していた学科は実験は多くなかったので負担はあまりなく、授業自体、すごく忙しくはなかったので、他の活動にも力を入れることができました。授業では、実際にプログラミングをしてみて面白いと感じていました。元々パソコンやITへの興味があった上、授業で言われた通りに取り組むと出来たので面白かったんです。
しかし、卒業前に研究室に配属になってからは、求められる技術のレベルが高く、面白いとは思いつつもキツイと感じることが多くなりました。また、締切りに追われることもあり、睡眠時間を削って取り組む日もありました。

ー大変な時期もありつつ、全体として楽しんで取り組んでいた印象を受けましたが、なぜ大学受験の際に情報系を選んだのですか?

理由は2つあります。
1つ目は、高校生の時にパソコンへの興味があったからです。日常生活で触れる中で、漠然と「面白いな」という思いがありました。プログラミング経験等は全くありませんでしたが、取り組んでみたいという気持ちがありました。
2つ目は、自分の可能性が広がると感じたからです。情報系は将来性もあるので、自分自身の「可能性を狭めたくない」という考え方が影響したのだと思います。大学で学んだ技術を今後活かすことが出来るかもしれないという想いがありました。先ほどのサークルの話でも「可能性を狭めずに挑戦する」という話がありましたが、進路を決定する際も、この考え方が影響していると思います。

ーご自身の興味と性格が大きく影響していたんですね。更にその後大学院に進んだのは、大学でより情報関連への興味が深まったからですか?

そうですね。大学での授業が面白かったのでそれを武器に社会に出たいという想いが生じました。また、大学受験の際の考え方と同じく、情報系の技術を武器にすることで「自分自身の可能性を残しておきたい、広げたい」という想いもあり、大学院へ進む事への迷いはなかったです。

ーそうなんですね。実際、院進後は就活との両立は難しかったですか?

両立は難しくはなかったです。先ほど述べた通り、締切りに追われること等もありましたが、所属していた研究室の教授が就職活動の大変さに理解があり、就職活動にかなりの時間を割くことを認めてくれたためです。なので初期から就職活動に力を入れることもできたと思います。

ー比較的就活に力を入れることが出来たんですね。そんな中、いつ頃から就職活動について考え始め、どのように取り組んでいたんですか?

1年の5月頃からです。この時期は、様々な媒体を使って説明会への申込や参加をしていました。これまでの研究内容を活かすことができるIT業界を中心に見つつ、他の業界の説明会にも参加していました。この時期に自分の専門分野であるIT業界に絞らず、様々な業界を満遍なく見たことが、納得感を持って就活を終えることに繋がったと思います。
その後、夏のインターンはIT業界のインターンを中心に参加しました。他業界も積極的に見ることを意識していましたが、他業界はガイダンスや説明会への参加がメインで、実際にインターンに参加する機会はあまりなかったです。夏はIT業界のインターンに参加したことも影響して、自分自身のやりたいことや、将来性がある等の点から、結局IT業界に絞ることになりました。
また、夏のインターンに参加する際の選考が想像以上に難しかったため、その後はES等の改善を続けました。その際、友達とESをお互い添削し合う等、周囲の人を頼るようになりました。それまでは自分自身のみの力で取り組んでいましたが、周囲の人から客観的なアドバイスをもらうことで秋以降のインターンシップの通過率が夏のインターンシップと比べて圧倒的に上がりました。

ーそうなんですね。「ご自身の専門分野以外の業界も検討する」ことや「改善を続ける」ことは素晴らしいですね。様々な業界の説明会等に参加していた、とおっしゃっていましたが、企業はどのように探していましたか?

様々な媒体を使って情報収集やインターン参加をしていました。具体的には、ナビ型等に加え、初期からオファー型も頻繁に利用していました。オファー型だと、手軽に説明会などに参加することができる上に知らない企業と出会うこともできるので、可能性を広げることが出来ました。「可能性を広げることができる」という点が自分自身の性格、考え方と合致していたので、オファー型を利用して良かったと思います。

ーご自身の性格が企業の探し方にも表れていたんですね。オファー型の中でもテックオファーを利用していた理由はありますか?

きっかけは、テックオファーを使っている友人の紹介でした。友人から少し話を聞き、可能性を広げることが出来そうだと思いテックオファーを利用し始めました。使い始めた際は、他のオファー型と比べ、入力することが少なくて楽だなという印象を受けました。また、多くの企業からオファーが来たので、様々な企業を手軽に知ることが出来ました。特にテックオファーはBtoBの企業も多く、他のオファー型では出会うことが出来ない企業との出会いもありました。
更に、理系に特化しているため、各企業の理系学生に特化した仕事の説明会やガイダンスに参加することも出来ました。そのような理系学生に特化した仕事の情報を得ることは他の媒体では難しかったので、非常に役に立ちました。
このように、当初は情報収集や、「オファーが来て、興味がある企業があったら入社したい」程度の想いでテックオファーを使い始めたので、正直、テックオファーを利用してこれから就職するような企業に就職することができるとは思っていませんでした。自分自身の可能性を広げることが出来た上、行きたいと思っていた企業からのオファーも待っていたので、本当に利用して良かった、納得内定に繋がったと感じています。

ーテックオファーが、就職活動開始当初から行きたいと思っていた企業の内定に繋がったということなんですね。素晴らしいです。おめでとうございます!!入社後にこのように活躍したい。等の想いはありますか?

これまでの研究内容を活かしつつ、専門的なスキルを身に着け続けたいと考えています。IT業界の中でも、現時点で自分自身が興味のある分野で仕事をすることができるので、この職種でのキャリアを積んでいきたいと考えています。

ー最後に、後輩に向けてアドバイスをお願いします。

興味の幅を狭めすぎないことが重要だと思います。テックオファーは、オファーの量が多いので目を通しきれていない人もいるかもしれません。少しでも興味を持ったらガイダンス等に参加し、視野を広げ食わず嫌いせずに見ていくことで納得内定に近づけると思います。

ー本日はお時間いただきありがとうございました!!

こちらこそありがとうございました。

トップページに戻る