四国化成工業株式会社

【知っとる?化学品・建材メーカーにも電気・機械の仕事があるんよ】機電系積極採用中!/数多くの領域で「世界初」、「高シェア」を実現!スマートフォンのプリント配線板用の薬剤では世界シェアNo.1。
四国化成は、「化学品」と「建材」を主な事業領域とする会社です。

【化学品事業】
身近な商品の中間材料の開発・製造・販売
■無機化成品
自動車などに使われているラジアルタイヤの材料「不溶性硫黄」は世界シェア第2位。
「中性無水芒硝」は、入浴剤、合成洗剤等に使用されるなど、さまざまなシーンで暮らしを支えています。
■有機化成品国内でいち早く塩素化イソシアヌル酸の量産化に成功。
これを原料とするプール用殺菌・消毒剤「ネオクロール」は、国内トップクラスの生産量。
また、バラスト水を殺菌し世界中の海洋生物の保護する「ネオクロールマリーン」は世界中の港に配備されています。
■ファインケミカル
水溶性防錆剤「タフエース」は、環境にやさしいプリント基板の防錆剤として世界トップのシェアを獲得しています。
「GliCAP」はプリント配線板に使用される薬剤です。銅表面上に有機皮膜を形成させて、樹脂との密着性を向上させます(≒接着剤)。電子機器には欠かせない材料でこれからの5Gで大きく活躍が期待されます。

【建材事業】
景観・住宅エクステリア商品、内外装壁材・舗装材の開発・製造・販売
四国化成は化学品と建材のメーカー。
数多くの領域で「世界初」、「高シェア」を実現。
例えばスマートフォンのプリント配線板用の薬剤では世界シェアNo.1。
景観エクステリアは国内シェアトップで、身近な街づくりに貢献。
独創的なアイデアで社会課題を解決し、世界の進歩をリードします。

この動画
・四国化成の会社紹介
・先輩紹介(建材営業、法務、研究開発)
事業内容
◆イミダゾール誘導体
化学品分野ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含むコア骨格に様々な置換基を導入することで特徴的な新規誘導体を開発しています。例えば、イミダゾール誘導体は、エポキシ樹脂の塩基性重合触媒として使用され、最先端の半導体パッケージに含まれる積層板等の用途で広く使用されています。四国化成ではイミダゾール骨格に様々な置換基を導入することで、触媒活性、配合物安定性、硬化物物性等の異なる幅広い製品バリエーションを展開しユーザーの細かな要望にお応えしています。

◆新規樹脂架橋剤
また、イソシアヌル酸、グリコールウリル骨格は、耐熱性、耐候性、機械強度に優れた構造であることが知られています。四国化成ではこれら骨格にエポキシ基やアクリロイル基等の様々な反応性官能基を導入し、新規の化合物群を開発しています。これら化合物は、それぞれ適切な樹脂と組み合わせて使用することで、多官能架橋剤として働き、樹脂に様々な特性を付与することが可能となります。例えば、下図に示す四官能チオール化合物は、高い反応活性を有することからエポキシ化合物と低温で速やかに反応し、耐熱性、機械特性等の優れたエポキシ樹脂を得ることができます。特にこのチオール硬化エポキシ樹脂は、従来の樹脂と比べて非常に耐湿性に優れることから、スマートフォン等、厳しい耐水性が要求される最先端電子デバイスの高機能接着剤材料として使用されています。また、その他の誘導体も様々な樹脂系に適用可能であることから、電子材料から車載・航空材料まで幅広い用途で使用されています。
職場環境
四国化成では誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。また、これまでに成功した案件は、大掛かりなプロジェクトではなく、開発員のふとした思いつきや顧客技術者との会話の中からスタートしたケースがほとんどです。そのため、日頃から顧客の開発部隊との交流を重視し、常に新しいニーズ、テーマを探しています。さらに、四国化成の開発部隊は、ラボ合成に始まり製造部隊とともに実機スケールアップ製造を行い、顧客との細かな品質をすり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。
【研究開発職】 機能材料チーム 平均年齢32歳と若手社員が多数所属しています。 樹脂架橋剤や添加剤、モノマーなど樹脂材料の開発を行っています。 ユーザーニーズの調査から始まり、新規化合物の構想、ラボでの合成検討を行います。その後、サンプルワーク、ユーザーへの製品提案を行い、提案が通ればパイロットプラントでの生産を目指します。小スケールでの製法検討ののち、実機試作時には工場と協力しながら反応時の立ち合い、製品分析など、すべての製造工程に関わります。
社員紹介
2020年 入社
名前: Aさん
所属: 化学品研究・開発 機能材料チーム
役職: なし
2008年 入社
名前: Tさん
所属: プラント技術部 徳島プラント技術課
役職: 管理職
2010年 入社
名前: Oさん
所属: 化学品研究・開発 機能材料チーム
役職: なし
2010年(キャリア) 入社
名前: Nさん
所属: 徳島工場 製造技術課
役職: 課長
採用情報
募集している職種
・研究開発職
・生産管理・生産技術職
・品質管理
・プラントエンジニア
・技術営業(セールスエンジニア)
・システムエンジニア(SE)
・社内SE
・営業職
・知的財産部門
主な仕事内容
四国化成の研究開発職は「文献調査」、「組成の決定」、「合成」、「特性の評価」といった
ラボ内での研究はもちろん、「スケールアップ検討」、「工場での実機テスト」まで、
開発プロセスに一貫して携わります。
さらには、お客様のもとに足を運び、自分が開発した製品を紹介したり、
ニーズを直接ヒアリングしたりと、ラボも工場も飛び出して製品開発に取り組んでいます。
様々な人と関わりながら、幅広い分野でチャレンジできる環境が当社の魅力です!

①文献調査:目的とする化合物の合成ルートを机上で確立。
②製法検討:ラボで実際に目的の化合物が合成できるか確認。
③工業化検討: (数kgスケール)
ラボで確立した製法を、実際のプラントでの製造を見据えて改良。
ラボとは条件の違うプラントで量産しやすいように生産プロセスを改善。
④実機(プラント)製造: (数十㎏~数トンスケール)
実際のプラントで製造を行い、収率や生産性・品質等を検証。
⑤お客様にプレゼンテーション:営業の社員とともにお客様を訪問し、開発した製品を自らプレゼンテーションすることも!
募集対象・求める人物像
私たちが社員に求めるのは、会社と仕事に誇りを持つこと。世界で活躍しようという高い意識と「使命感」を持つこと。そして、自分がやりたいことに、明るく元気に前向きに挑戦することです。四国化成は、熱い気持ちを持つ人、バイタリティーのある人が活躍できる会社です。成長したいと願う人に応える土壌も整っており、従業員一人一人の強みや持ち味を生かした育成・活用を目指しています。

◆とにかく有機合成が好き!
◆開発プロセスの全てに関わってみたい!
◆互いに切磋琢磨しながら、成長できる環境で働きたい!
◆若手のうちから大きな仕事に挑戦したい!
◆自分のアイデアを発信したい!
◆新しいことを学びたい!挑戦したい!

◆研究部門 先輩社員から一言◆
四国化成では「有機合成」を中心に、無機化学、高分子、化学工学、物理化学等、様々なベースを持つ研究員が活躍しています。
ぜひ、あなたが培ってきた強みを当社で活かしてください!

みなさんからのご応募をお待ちしています!
採用選考フロー
エントリー
  ▼
会社説明会
  ▼
エントリーシート提出(※エントリーシートでの選考はありません。)
  ▼
一次面接
  ▼
技術面接・適性検査
  ▼
最終面接
  ▼
内々定

※コロナウイルスの影響により、面接はオンラインでの開催予定です。
福利厚生・待遇・社内制度
【福利厚生】
 寮・社宅制度(寮 3,000円/月~、社宅 12,000円/月~)
 財形貯蓄制度、持株制度、住宅建設資金貸付制度、共済組合、互助会
 国内外に契約保養施設あり、各種クラブ活動 他