株式会社アムコー・テクノロジー・ジャパン

半導体「後工程」分野の世界的メーカー
今や生活に欠かせない存在となったスマートフォン、高性能化する家電製品、さらなる安全性を追求し続ける自動車など―。
世の中のありとあらゆるモノの中で、人々の生活を密かに支えている存在、それが半導体です。

私たちアムコー・テクノロジーは、半導体製造の「後工程(あとこうてい)」に特化し、業界を牽引しているリーディングカンパニーです。業界シェアは世界第2位、国内ではトップに位置し、革新的な事業展開で半導体の発展に寄与してきました。

本格的なIoT時代を迎え、半導体の需要が高まっていく一方、電子回路の線幅がナノオーダーに達し、微細化の物理的な限界が近いといわれている昨今。今後の半導体デバイスの性能向上の実現に向けて「後工程」分野の技術革新に大きな期待が寄せられています。そんなエキサイティングな分野で、私たちと一緒に世界水準のエンジニアを目指してみませんか?
事業内容
【今、半導体「後工程」のものづくりが面白い】

◆「後工程」とは?

 半導体の製造工程には、まずシリコンウェハ上に電子回路を形成する「前工程」、そして回路を形成したシリコンウェハを一つひとつのチップに切り分け、電子部品として使用できる形に加工する「後工程」があります。この「後工程」こそが、当社の専門分野。仮にICチップが脳だとすれば、脳から神経を這わせてボディをつくり(=パッケージング)、不具合がないか確認(=テスト)して出荷するというのが、大まかな流れです。

◆アムコー・テクノロジー・ジャパンの強み

当社の大きな強みは、規模やコスト競争力、そして高品質なデバイスを生み出し続ける、高い技術力です。大手半導体メーカーの後工程部門が集結した当社では、ものづくりの根幹ともいえる優秀な技術者や高度なノウハウが日本中から結集し、最先端のものづくりに日々取り組んでいます。

 当社が手がけているデバイスは、自動車、スマートフォン、パソコン、家電、ネットワーク関連など多様な最終製品に搭載され、世界中で人々の暮らしに役立っています。中でも自動車関連デバイスの比率は全製品の50%以上に達し、後工程専業メーカーとしては自動車分野でトップクラスのシェアを誇ります。厳しい品質管理を要求される車載分野で高いシェアを獲得していることも、当社の技術力が認められている証です。

◆半導体の「これから」

 IoT時代を迎え、様々なものが電装化されていく流れの中で、半導体の需要は今後も間違いなく高まっていくでしょう。一方で、電子回路の線幅がナノオーダーに達し、微細化の物理的な限界が近いといわれている昨今、より高機能な半導体デバイスの実現に向け、パッケージング分野の技術革新には大きな期待が寄せられています。半導体製造における「後工程」の重要度は、かつてないほど増しているのです。
職場環境
【事業所一覧】
横浜本社/神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32ニューステージ横浜17F
臼杵地区(登記本社)/大分県臼杵市福良竹ケ下1913-2
函館地区/北海道亀田郡七飯町中島145
北上地区/岩手県北上市北工業団地6-6
福井地区/福井県坂井市春江町大牧字東島1
福岡地区/福岡県宮若市上大隈476-1
大分地区/大分県大分市大字松岡3500((株)東芝セミコンダクター&ストレージ社大分工場内)
熊本地区/熊本県菊池郡大津町高尾野272-10
泗水地区/熊本県菊池市泗水町吉富19
東京オフィス/東京都港区芝公園2丁目6番3号 芝公園フロントタワー14F
月間平均2億個以上の半導体製品が当社の日本国内の工場で生み出され、世界中へ流通していきます。