三菱ケミカル株式会社

世界をもっとKAITEKIに!
三菱ケミカルは、人・社会・地球の課題解決を通じて、自らの成⻑も加速させていきます。
気候変動の増大や水資源の枯渇、人口増加や高齢化など課題が多様化する中で、関連する事業部門が連携しながら、
新しい価値を創造し総合的なソリューションを提供していきます。
事業内容
当社は10の事業部門を有し、高機能材料、石油化学製品、情報電子などの分野における
各種化学製品の研究・開発・製造・販売を行っています。
=====
①カーボンケミカル部門:基盤原料、ポリオレフィン、化学品
②炭素部門:コークス、炭素材、カーボンブラック、合成ゴム
➂MMA部門:MMA、アクリル樹脂、AN・誘導品
④高機能ポリマー部門:パフォーマンスポリマーズ、エンジニアリングポリマーズ、サステイナブルリソース
⑤高機能化学部門:機能化学、食品機能材
⑥情電・ディスプレイ部門:フィルム材料、ディスプレイ材料、半導体材料
⑦高機能フィルム部門:食品包装材、産業用フィルム、医療・衛生用フィルム
⑧高機能成形材料部門:高機能エンジニアリングプラスチック、
           繊維、炭素繊維複合材料、機能成形複合材、アルミナ繊維/軽金属
⑨環境・生活ソリューション部門:
           アクアソリューション、分離精製ソリューション、アグリビジネス、インフラ資材
⑩新エネルギー部門:リチウムイオン電池材料、エネルギー変換材料
=====
採用情報
募集している職種
・研究開発職
・生産管理・生産技術職
・知的財産部門
主な仕事内容
◆研究開発
イノベーションを起こす探索研究から顧客ニーズに応える商品開発まで幅広いフェーズの
研究を行っています。
分子設計、分析・解析、計算科学など高度で様々な科学技術を駆使した研究開発が特徴です。
真のニーズに応える研究開発を加速します。

◆生産技術
新商品の開発から商品化、また既存製品の製造プロセスにおける安全性、品質、生産性向上に対して
必要とされる要素技術の専門家として、デジタル技術等を取り入れ、製品の事業化・収益化テーマに
取り組んでいきます

◆製造技術
プラントの改良改善・マネジメントを通し、安全安定操業を実現、生産最適化を目指します。
大規模な化学プラントを仲間と共に稼働させながら、新技術の導入検討し、当社製品を世界中に提供します。

◆製造技術(ユーティリティ)
自家用火力発電所をはじめとするさまざまな設備を管理し、電気、蒸気、純水など、
事業所の運営に欠かせないエネルギーを供給しています。その設備の設計・建設・運転の全てに関わり、
より安全・安定・安価なユーティリティを供給し、モノづくりの基盤を支えます。

◆設備技術
当社は連続大型プラントや多品種・機械装置プラントまで多種多様な製品に応じた様々なプラントを
有しています。その機械・電気・計装設備の設備管理技術の維持及び高度化を推進し、
製品の安全・安定生産、生産性維持向上に貢献します。

◆知的財産
特許をはじめとする知的財産の力を活かして、事業に貢献していく仕事です。
研究開発から事業段階まで様々な場面で、「知的財産の面から何をすべきか?」を
事業部門・研究開発部門と一緒になって戦略的に考え、実行します。
募集対象・求める人物像
◆募集対象
技術系:過去3年以内に、高専(本科・専攻科)、大学、大学院(修士・博士)を修了された方、
    または翌年3月末までに修了見込みの方。
かつ、技術系職種においては、理系〈化学、化学工学、機械、電気、電子制御を専攻されている方〉の方

事務系:過去3年以内に、高専(専攻科)、大学、大学院(修士・博士)を修了された方、
    または翌年3月末までに修了見込みの方。
かつ、事務系:文系・理系共に全学科、全学部対象

◆求める人物像
仕事にも人にも地球にも誠実に向き合える人
====
わたしたち三菱ケミカルは「KAITEKIの実現」を目指し、事業活動を通じて社会の課題に向き合い、
新しい価値を創造してお客様へソリューションを提供し、社会と共に持続的に成長していきます。
当社が大切にしていることは人と人、人と社会のつながりです。
わたしたちの社会を、地球の未来をもっと輝かせるために、仕事にも人にも地球にも誠実に向き合える方、
そんな人たちと一緒にKAITEKIを実現していきたいと考えています。
====
具体的には・・
①多様な価値観を理解し世界を舞台に活躍するために、国内の現状だけにとらわれることなく、
グローバルな視点を持つ人。国や文化の違い、個々人の考え方を理解し、尊重し合う人。

②自ら課題を見つけ、激しい環境変化の中で、既存の概念にとらわれず「こうしてみたい」、
「こうありたい」というやわらかな発想を持つ人。
社会のニーズを的確に捉え、本質的な課題を自ら見出す人。

③周囲を巻き込みながら決して1人では完遂できない課題だからこそ、
周囲の協力を得るために、【積極的にコミュニケーションを図る】人。
異なるアイデアを持つ人、異なる立場の人にも働きかけ、同じ目標に向かって
【チームワークを発揮】する人。

④挑戦し続ける人。
転んでもただでは起きないしぶとさをもって、妥協せずしっかりと考えながら成果を生み出す人。
誇りと使命感を持ち、次のステージに向かって新たな挑戦を続ける人。
採用選考フロー
*確定次第ご案内させていただきます*
福利厚生・待遇・社内制度
処遇及び各種制度は2020年3月現在の情報です。

◆初任給
高専(本科):208,200円(月給)
学士・高専(専攻科):232,900円(月給)
修士:243,500円(月給)
博士:289,200円(月給)
※2019年4月改定

◆賞与
年2回
※初年度は入社時期により支給回数・額が変更となる可能性があります。
 詳細は労働条件通知の際に説明または通知します。

◆諸手当・補助等
通勤費補助、時間外勤務手当、公休日出勤手当、裁量労働手当 等

◆ライフイベント
育児休職制度、育児短時間 等
介護休職制度、介護短時間 等
その他(海外転勤同行休職制度、勤務地自己申告制度 等)

◆休日休暇
公休日 年間約123日(土、日、祝日、年末年始、夏季休日、その他)
年次有給休暇
特別休暇

◆勤務制度
フレックスタイム制度、テレワーク制度、裁量労働制度
◆各種保険
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
◆福利厚生
社宅・寮制度、家賃補助、体育施設 等