ミサワホーム株式会社

世界で一つだけの住まいづくりに取り組む。
1967年の創立以来、保証制度や南極への取り組み、ゼロエネルギー住宅といった業界初、世界初の取り組みを行っている、住宅業界のパイオニア。
「住まいを通じて生涯のお付き合い」を企業理念とし、技術やデザインにこだわった巣まいづくりを地域密着型で提供しています。
50周年迎え「戸建住宅事業」においてはIOTやロボット等の提案を盛り込んだ付加価値の高い住宅を開発・提供し、今後さらに「資産活用事業」や「リフォーム事業」の既存事業を拡大、「まちづくり事業」や「海外事業」を展開しています。
今後も時代の変化に対応し、住宅メーカーという枠を超えて新しい事業やサービスを提供し、生活をデザインする企業グループを目指します。
事業内容
<ミサワホーム5つの事業>
(1)戸建住宅事業(注文住宅、分譲住宅等の販売、設計)
(2)リフォーム事業(戸建住宅、マンション、オフィス、店舗等)
(3)資産活用事業(賃貸住宅、店舗開発、医療介護建築)
(4)まちづくり事業
(5)海外事業
その他、環境事業、新素材開発等
職場環境
【募集・採用に関する状況】
①新卒採用者数・離職者数(2019.4時点)
年度 採用者数 離職者数 定着率
2019年度 69名 0名 100.0%
2018年度 100名 3名 97.0%
2017年度 74名 10名 86.4%

②男女別新卒採用者数(2019.4時点)
年度 男性 女性
2019年度 40名 29名

③平均年齢(2019.4時点)
42.0歳(男性:43.0歳/女性37.7歳)

④平均勤続年数(2019.4時点)
16.8年(男性:17.8年/女性12.9年)

【職場能力の開発及び向上】
➄研修
・全社員向けに、内定者教育から始まり、若手層向けに2・3・5・7年目研修を実施。以降マネージャー向けに階層別研修を実施
・他、各職種別の教育プログラム有り

⑥自己啓発支援
・合格祝金支給、資格手当、一部通学費補助、一部通信教育費補助 等

⑦メンター制度
・入社から1年間専属のメンターが付きます

⑧キャリアコンサルティング
年に一度「自己申告書」を提出し、会社に対し自身のキャリアについての考え方や、異動希望について申告。
人事担当による面談を実施しています

⑨社内検定等の制度

【雇用管理に関する状況】
➉月平均所定外労働時間(2019.4時点)
 23.4時間/月

⑪有休休暇の平均取得日数(2019.4時点)
 8.5日
※半日、または時間単位で取得可能
※最長9日間の連続休暇取得制度「LQ休暇制度」あり

⑫育児休業取得者数  男女別(2018年度実績)
女性:29名
男性:20名
※子が3歳に達するまで取得可能
※育児時間短縮勤務制度:小学校6年生の終期に達するまで取得可能
※子の看護休暇制度:小学校6年生の終期に達するまで取得可能

⑬役員管理職の女性比率(2019.4時点)
女性役員比率:3%
女性管理職比率:1.2%
営業
デザイナー
都市開発
施工管理
研究開発
採用情報
募集している職種
・研究開発職
・設計・開発エンジニア(メカ、部品等)
・設計・開発エンジニア(電気機器、回路等)
・生産管理・生産技術職
・品質管理
・技術営業(セールスエンジニア)
・建築設計(意匠、設備)
・建築設計(構造)
・施工管理(建築、土木など)
・建設コンサルタント
主な仕事内容
○総合コース(営業、販売企画・研修、経営企画、宣伝企画、物流、CS、管理業務など全般)
○技術コース(設計・デザイン・施工管理、商品の企画開発、デザイン、設計、構造開発・技術開発など)
募集対象・求める人物像
【募集対象】
・2022年3月卒業見込みの方
・2022年4月入社時に普通自動車運転免許を所有している方

【求める人物像】
1 チャレンジできる人:一つのことに囚われず、チャレンジできる人は成長できる。
2 素直な人:他人の意見を柔軟に受け入れられる人は伸び代(しろ)も大きい。
3 情熱を持っている人:職場を明るくし、前向きな方向に引っ張ってくれる。
採用選考フロー
エントリー

後日、ミサワホームホームページ内のマイページにログインするためのあなた専用のIDおよびパスワードをお送りします。

会社説明会へ参加、エントリーシート提出など

面談・面接(グループ・個別)を数回、筆記試験など
(技術職志望の方は作品プレゼンあり)

最終面接
福利厚生・待遇・社内制度
【福利厚生・各種保険】
各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)、住宅手当、財形貯蓄、退職金、自社製品購入割引制度、公的資格試験合格祝金制度、定期健康診断など

【教育制度】
入社前通信教育、入社前資格取得研修、新入社員導入研修(Misawa Finding Program, MG onBorarding Program)、若手研修(2年目、3
年目、5年目、7年目)、女性キャリア基礎研修(2年目)、女性キャリア研修(4年目)、OJTリーダー研修、階層制研修他